Tada Kazuhiro Online tadabass.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ベーシスト多田和弘のスケジュールなど


by tadabass
プロフィールを見る
画像一覧

雨の日には車をみがいて


洗車がすきです

デートの前日には特に念入りにします(しました)

車のデートといえばBGMのカセットテープを夜なべして編集したりしたっけ

車内のプライベート感 そして好きな子がとなりで自分の運転に身を委ねている幸福感



雨の日に洗車をしていて思い出しました

『雨の日には車をみがいて』  五木寛之/著
ちょっと古いですけど
 
主人公の男性と 彼に関わる車と女性たちの出会いと別れを描いた短編集
ジャグヮーや2CVといった個性的な車とともに魅力的な女性が登場
そのキャラクターが本当に活き活きと描写されている

はじめて読んだのは私が22,3歳の頃だったと思いますが
そのときから大好きな小説で友人たちに薦めまくっていました

今回何年かぶりに読み返してみましたが
ほとんど内容を鮮明に覚えていることに驚きました
そしてやっぱりおもしろかった
車と人にまつわる物語はモノと人との付き合い方とも言い換えられ
「何をどのように大切にするか」というように
人生観や価値観が表出しやすいテーマなんでしょうね

車ってみがけばみがくほど愛着がわきます(楽器も同じですが)


雨の日に洗車をするのがすきになったのは
この本と出会ったからです
[PR]
Commented by shindows at 2009-05-10 00:56 x
こんばんは。
こちらのブログもにぎわってきましたね!
最近ライブの方ご無沙汰になってしまい残念です・・
また機会をみてお邪魔します。

デートの前日の多田さん、か、かわいい・・

本は読んだことないのですが、
近所にきれいなブラウンの2CVに乗っている魚屋さんがあって、すごく気になっています。

Commented by tadabass at 2009-05-10 02:04
新藤さん おかげさまで楽しくブログ書いてます!

近所に2CVが! 最近めったに見かけなくなりましたが
好きな人がいるところにはいるんですね
魚屋さん ていうのがまた味わい深いっす

本は男の夢みたいな話なので 女性にはどうかなとも
思うのですが 機会があったらぜひ読んでみてください
著者があとがきで「ぼくはこの本におさめた物語を、じつに楽しみながら書いた。おそらくぼくがこれまでに書いたどの小説よりも楽しめたと思う。」と書いているとおり 好きな対象を表現する楽しさがひしひしと伝わってくる おたくっぷりが爽やかな小説です

by tadabass | 2009-05-09 03:51 | 日常 | Comments(2)