Tada Kazuhiro Online tadabass.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ベーシスト多田和弘のスケジュールなど


by tadabass
プロフィールを見る
画像一覧

あつかった日の出来事


私が中学生のとき ずっと好きだった子がいまして

当時はまったく度胸がなく 告白とかもできず

まったくの片思いでした

というわけで あまりその子とおしゃべりした記憶すらないのですが

ひとつだけ 私にとって忘れられない思い出があります

船橋の公立中学校(男女共学)に通っていた私は

どちらかというと地味な子供で  サッカー部のOくんや

バスケ部のSくんといったヒーローたちのモテっぷりを

うらやましく眺めているサイドの子供でした

好きだった子は スポーツが出来 絵や歌が上手な

ショートカットが似合う活発な女の子でした

当時の中学校は生徒数が多く 一学年10クラス以上あるのが

普通でしたが その学年中の男子が一度はあこがれるくらい

人気のある子でした

夏休みのある日 校外学習か何かで学校の裏の田んぼの畦道を

夜にみんなで歩いたことがありました

セミや蛙の鳴き声がうるさかったろうと思います

湿った草木が生い茂っている道を歩いていると

草葉の上に一匹のホタルを見つけました

船橋の田舎でしたが野生のホタルは初めて見ました

私はそっとホタルを捕まえました

体長1cmほどのその虫は私の両手でつくった闇の中で

かよわく黄色い光を灯していました

と そのとき 近くにその好きな子の姿を見つけました

私はその子にホタルを見せたくなりました

おそらく勇気をふりしぼって声をかけました

「ねえ ホタルがいたよ」

その子に両手を差し出しました

するとその子は私の両手のすきまに顔をよせて

「わあ」 といって私の手の中のホタルをながめてくれました

周りの音や時間が止まったような気がしました

そしてその夢のような多分15秒くらいの時は過ぎました

でもしばらくその子の髪の感じとか息づかいが思い出され

なによりめずらしいホタルを見せることができたという

すこし誇らしげなよろこびもあり

しあわせな気分が続いていたように思います

ただそれだけの事なのですが

いまだに印象深い思い出です
[PR]
by tadabass | 2009-07-28 15:12 | 日常 | Comments(0)