Tada Kazuhiro Online tadabass.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ベーシスト多田和弘のスケジュールなど


by tadabass
プロフィールを見る
画像一覧

カマキリ


私が幼稚園生だったころの ものごころついてからの記憶で

今でも忘れられない出来事があります

練馬に住んでいたのですが

当時は原っぱや畑が一面に広がる自然豊かな町でした

家の近くにスーパーがあり よく母に連れられ買い物に行きました

私は欲しいお菓子とかがあって買ってもらえないと

その場に寝転がって大泣きしてねだるという性質の悪い行いで

本当に頻繁に母を困らせていたらしい(何となく覚えているような気がします)

ですから そのスーパーでもおそらく私はわがままで泣き虫の子として

有名だったと思われます


私はそのスーパーのあるレジのお姉さんが大好きでした

どうしてその人を好きになったかはまったく覚えていないのですが

多分泣いてるときに優しくされたとか そんな理由な気がします




ある日 家の壁にへばりついている一匹の緑色の

大きなカマキリを見つけました

体長10cmは超えるであろう立派なオオカマキリでした

私は喜んでそれを捕まえ虫かごに入れました

そして私はいいことを思いつきました

「そうだ カマキリをレジのお姉さんに見てもらおう」

カマキリをレジのお姉さんに見せたいので

スーパーに連れて行ってくれと息子にせがまれた母は

何を思ったでしょう


ともかくスーパーにカマキリと共に出かけました

一通り買い物を済ませ 喜び勇んでレジへ向かったことと思います

ところがなんとレジにお目当てのお姉さんの姿がありません

その旨を母に告げると 母は

「しょうがないね お休みなんだよ」

といってレジに並び

また なんと お目当てではないレジのお姉さんに

「うちの子が カマキリ捕まえて 見せたいって持ってきてるんですよ」

と私に虫かごを見せるように促しました

私は 「違います この方ではないのです 私がカマキリを見せたいのは!」

と心の中で叫びました

が 母に言われるままに渋々虫かごを 

お目当てではないお姉さんに差し出しました

すると その優しいお姉さんは 

「わあ すごいねー!」と

笑顔でよろこんでくれたのを覚えています

きっと今思うと いきなり忙しい時に巨大なカマキリを見てくれ

と言われて何事かと驚かれたはずですが

子供にとっては大変うれしい反応をして頂きました

私もその反応を見てなんとなく笑顔になったような気がします

しかし 釈然としないまま スーパーを後にしたのでした



記憶があるのはこの出来事のことだけで 

カマキリやら 大好きなレジのお姉さんや 

カマキリを見てくれたお姉さんのその後のことは

まったく覚えていないのです
[PR]
by tadabass | 2009-08-07 14:59 | 日常 | Comments(0)