Tada Kazuhiro Online tadabass.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ベーシスト多田和弘のスケジュールなど


by tadabass
プロフィールを見る
画像一覧

西荻窪の皮膚科の名医


西荻窪を流れる善福寺川
b0167999_13373989.jpg



秋晴れの空の下 シラサギが餌を捕るのに夢中になっていました
b0167999_1340171.jpg


b0167999_13405981.jpg





私は あごの周りにできる吹き出物に10年以上悩まされていて
市販の薬など いろいろ試してきたのですが
どれも一時しのぎに過ぎず 
以前 割と流行っている皮膚科にもかかったのですが
完治には至りませんでした

一年前くらいに 吹き出物の炎症が悪化し 
あご全体が赤く腫れてしまったため とりあえず
家から一番近い皮膚科に初めて行ってみました

古いマンションの1階にあるその医院に入ると 狭くて薄暗くて
他に患者さんは来ていないようでした

すぐに診察室に呼ばれ 入ると 色の白い大変愛らしい看護婦さんが
笑顔で迎えてくれました

しかし その後ろに控えていた先生を見たとき
何とも言えない気持ちになりました

というのは先生が骸骨の様に痩せていて 長髪の白髪で
見た感じ70歳は優に超えていて 顔の皮膚は土気色でガサガサ
そしてタバコの匂いがプンプンしたからです
まるで死神のようです
まず ご自分を治療なさっては と言いたくなります

しょうがないので診てもらったのですが
赤外線を当てて薬を塗ってもらい
「10年も治らないのは なかなか治らねえから 気長に通いなよ」
と口調もなんだか偉そうな感じでした
しかもその後 自分の自慢話が始まり 挙句最近の若い皮膚科医は
なってないとぼやき始めました
かなり苦痛な時間でしたが 治療についてのこととか
何か得るものもあるだろうと聞いていました
結局先生は 自分の話だけをしゃべり倒し 「じゃあ また近いうち来いよ」 
でこの日は終わりました

いやあ もう行かないと思いますよ と言いたかったです

ところが薬が思いのほか効いた様なのと
かわいい看護婦さんに会いたいために
その後3日置きくらいで数回通いました

患者さんは いつ行っても私だけでした
そのたびに もっと来ねえと治んねえぞ と脅されましたが
なんだか それも快感になってきました

そして2週間目くらいで吹き出物が完全に消えたので
行くのを止めました

その一ヵ月後くらいに塗り薬が無くなったので
またもらいに行きました

そうしたら 先生が開口一番 「さぼりすぎだぜ!」 
とお怒りになられたので びっくりしたけど
ちょっと可笑しくなった  憎めない先生なのです


そういえば かわいい看護婦さんが見当たらない
辞めてしまったようです

何だか 行く理由も無くなり
足が遠のいてしまいました

でも吹き出物は完治しまして 今では悩んでいたのが嘘のように
出なくなりました



そんな濃いお医者さんでしたが
半年くらい前から ずっとシャッターが閉まっていて

『院長の体調不良のため しばらくお休みします』

との張り紙がしてありました



最近私は 原因不明のかぶれができて
診てもらおうと その医院に電話をかけてみたところ
現在使われておりませんとのこと

あれ? と思い すぐ医院の前まで行ってみました

すると 以前の張り紙はもう剥がされ

『売却物件 求むテナント』

とシャッターのそばにチラシが貼ってありました




そうか 亡くなってしまわれたのだな   多分・・・



私は近所に出来た新しい皮膚科にかかりました
きれいな病院で普通の治療でしたが 
かぶれは ちっとも治りません



死神先生に診てもらいたいと思いました
もはや 叶わない願いですが

あの先生なら どんな治療をなさるだろう
[PR]
Commented by きくちまゆ at 2009-10-02 03:45 x
実家の隣町に評判の良い皮膚科があり、それがその多田さんのお医者様と、全く同じ様な外見で・・・
最近、弟とそのお医者様の話になり、この頃では診察室にカーテンで仕切られた先生用のベッドが置かれ(涙)そこから診察の度にゆっくり出て来てはお戻りになるというご容態らしい。

でもまだ頑張っていらっしゃるのを聞いて安心したのと同時に
ちょっと不安になり・・・
名医といわれつつ、
「先生が皮膚病じゃん!!」
ってつっこまざるをえない・・・・

これからも頑張ってほしいものです、、、かな??


Commented by shindows at 2009-10-02 09:00 x
私の地元にも、始終ペンをくるくる廻しながら、
時にはそれで鼻をほじったりなさるファンキーな耳鼻科の先生がいらっしゃいました。

非常に軽いトークでかなり心配になりましたが、
無駄な薬は出さないし、
ノリは軽いながらも話をちゃんと聞いてくれて
いつもぴったりの治療をしてもらえたなあ、と思い出しました。

なかなかいいお医者さんてめぐり合えませんよね。
Commented by tadabass at 2009-10-02 10:17
昔ながらの町のお医者さんて 味のある方が多いですよね

きくちさん  
その先生の熱意に胸を打たれます
西荻の死神先生も ご自分の皮膚病と闘ってらしたようで
かなりお辛そうでした
似てますね ご兄弟だったりして・・・

しんどうさん  
たしかにいいお医者さんには
なかなかめぐり合えませんね
たとえめぐり合ったとしても 死神先生のとこのように
閉院してしまったり・・・    
そういえばしんどうさんのブログで驚いたのですが
吉祥寺のシンボルともいえる『ユザワヤ』が閉店!!
いいものを維持することの難しい世の中
どうにかしたいものです
Commented by tadabass at 2013-05-10 15:01
どうやら「西荻窪 皮膚科」で検索すると私のブログにヒットするらしく
アクセスランキングでも上位にあるのですが
もし皮膚科をお探しの方が参考にされているのであれば
本文中に出てくる近所の新しい皮膚科(本文中では治らないと書いてありますが、実はその後すぐ治り現在私のかかりつけになっております)がまちがいなく名医だと思います
西荻にお住まいの方ならどこだかお分かりですよね
by tadabass | 2009-10-01 16:20 | 日常 | Comments(4)