Tada Kazuhiro Online tadabass.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ベーシスト多田和弘のスケジュールなど


by tadabass
プロフィールを見る
画像一覧

自信をもって弾く


冬の朝の善福寺川
b0167999_1324424.jpg

風も無く 水面も静かでした

冬の冷たい空気で鼻の奥の方がつんとしました


さて 先日スーパーレーサートリオのリハーサルがありまして
練習をたっぷりしてきました

その中で村松トマくん(g)の新曲を演奏しているとき
トマくんのアレンジしたベースラインのワンフレーズが
最初どうしてもうまく弾けませんでした

曲のイメージや流れが自分のものにならないうちに
迷いながら弾いてしまっていたのでした

メンバーで意見交換と試行錯誤の末
最後にはアレンジが固まり
ベースラインもしっかり自信をもって弾くことができるようになりました


どんな楽器を演奏するにあたっても大切なことだと思いますが

迷い無く 自信をもって演奏する


そのためには 演奏するとき

「ほら これこれ! これがいいんだよなあ!」
と心から自分で思えて 

「どう? いいでしょう?」
と聴衆に対しても思える境地までに達すれば大丈夫だと思います

つまり 曲を理解して その中に自分の良さを織り込みつつ
その曲のために自分で本当にいいと思える表現をすることが
自信をもって演奏する ということだと思うのです


当然その境地に至るまでには準備が必要です
しかし いつも準備万端で人前に立てる訳ではありません
それに体調や環境といった要因により
自分を見失ってしまうケースもあったりします

私の場合そういうことによる失敗を少しでも減らすために
自信なんか無くたって 自信があるという
自己暗示をかけたりします

「楽勝だ! わたしの演奏は素晴らしい!」
(みなさんもよかったらどうぞ)

どんなときでも まずは自分の良さを自信をもって表現すること
それができれば曲を演奏を必ずいい方向に向かわせると思います


ただ もちろん受け手は様々なので
全ての人に いいと思ってもらうことは不可能だと思います

ですから そこはあまり期待しすぎず
 
自分がいいと思えれば相手もきっといいと思ってくれる
くらいの心持でいいのではないでしょうか

相手がそれをいいと思ってくれるなら
それ以上のよろこびはありませんけど
[PR]
by tadabass | 2009-12-09 15:49 | 音楽 | Comments(0)