Tada Kazuhiro Online tadabass.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ベーシスト多田和弘のスケジュールなど


by tadabass
プロフィールを見る
画像一覧

ガット弦を張った愛器


ここのところ 雨や雪の日が続いたため
ウッドベースに張ってあるガット弦が一気に傷んできました

以前ブログに紹介したこともありますが
私の楽器には鉄製ではなく 羊の腸(ガット)をより合わせて
作られた弦を張っています

ガット弦は 音がふくよかであたたかく
弾き心地もやわらかく とっても気持ちいい弦です

ただ引き換えにデメリットもあります
ひとつは温度と湿度の変化に著しく影響を受けること
例えばチューニングが安定しなかったり
弦が湿気でほつれて切れてしまったりします

特に細い方の弦(G線、D線)は切れやすく
私の場合 半年持ちません

したがって もうひとつは弦代が結構かかるということです
※ガット弦は普通の鉄弦の値段の倍くらいはします

今回 G線を切れる前に交換しました
b0167999_1595213.jpg

ドイツ製の弦です


私の楽器との相性もいいようで
太くてやさしい音で鳴ります

おかげさまで 各現場でほめられることが多いです

演奏が終わって お客さんが

「いやあ いいベースですね!」

私「ありがとうございます」

お客さん「ほんとうにいい音でしたよ 楽器が相当いいんでしょう?」

私「ええまあ・・・(弾く人もよかったりするかもしれないんですけど・・・)」


こんな感じの場面がよくあります

私よりもベースの方が確実にモテている気がします



また私がセッションのお手伝いをする場合も
自分の楽器を持って行っているので
ベーシストの方でガット弦を弾いてみたい方がいらしたら
ぜひ試しに来てください!

ちなみに大久保ドルチェ・ビータと錦糸町J-flowには
お店のベースがあり どちらも鉄製の弦で
大変弾きやすく調整されていますので
「ガットはちょっと・・・」 という方でも安心していらしてください!


という訳でガット弦を張った自慢の愛器にも
みなさん ぜひ会いにいらしてください!!
[PR]
by tadabass | 2010-03-11 23:59 | 音楽 | Comments(0)