Tada Kazuhiro Online tadabass.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ベーシスト多田和弘のスケジュールなど


by tadabass
プロフィールを見る
画像一覧

やってしまった


電車でウッドベースを持って移動するとき

車内が空いていたら ドアの脇のコーナーに
ウッドベースを立て懸けることが多いです

そこが他の乗客の邪魔になりにくく
かつ楽器を安定して置ける場所なのです
そして電車が混んできても
自分の体で乗客の体重を支えて
楽器を混雑の圧力から守りやすいのです


昨日も車内が空いていたので
(立っている乗客がいないくらい)
コーナーを確保して 窓の外をぼんやり眺めていました
指が疲れてるなあと思ったので
自分で手をマッサージしたりして
中吊りを見たり 考え事をしたりしていました

その時です

私のすぐ近くで 「バタン!!」 という派手な轟音が鳴り響きました

驚いて振り返ると
あろうことか私のウッドベースがぶっ倒れていました

いやな汗が出ました

ちょっと手と目を離したすきに電車の揺れによって
真後ろに(裏板の方から)倒れてしまったのです

車内の視線が一気に集まりました
女子高生が 「やばいんじゃないの・・・」 
と友だちと話しているのが聞こえてきました

私は やってしまった と思いつつ
精一杯平静を装い ベースを起こしました

その場でケースから出して安否を確かめたかったのですが
壊れていたとしても 今日の演奏には修理は間に合いません
とりあえずケースの上から触ってみました
ネックは折れてないようです
ペグ(糸巻きの金具)から落ちたので
もしかしたら交換しないとダメかもしれないと思いました
今日 演奏で使えるかとか 修理代に何万かかるかとか
いろいろ頭をよぎり かなしくなりました


現場に着き いの一番で楽器をケースから出し
全体をくまなく確認しました


なんとまったく無事でした!

ペグが曲がったりとか 板が割れたりとか
何一つありませんでした
しかもチューニングすら狂っていませんでした

幸運でした

山本(弦楽器屋さん)のソフトケースがすごいのか
楽器自体が古いから頑丈なのか

とにかくウッドベースの替えは持っていないので
心底 ホッとしました


実はこのベースを買ってから倒したのは3回目です
しかし幸運なことに それによって楽器が傷ついたことは
一度もないのです

でも電車の中で倒したのは初めてだったので
ショックでした
周りに人がいなかったのがほんとうに幸いでした

油断大敵です 気をつけねば!!
[PR]
by tadabass | 2010-04-19 00:45 | 日常 | Comments(0)