Tada Kazuhiro Online tadabass.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ベーシスト多田和弘のスケジュールなど


by tadabass
プロフィールを見る
画像一覧

ニコン New FM2


私が18歳のころ買ったカメラです
b0167999_341498.jpg

デジカメ全盛の現在でも
年に一回は年賀状用の写真を
このカメラで撮っています

フィルムを装填して使用する
いわゆる銀塩カメラ

街中や観光地などでこのタイプの
フィルムカメラを持っている方を
見かけなくなって久しいです

このFM2のFMは「フルマニュアル」
の略だったと思います

ピントも絞りもシャッタースピードも
自分で判断して 手動で行います

露出計は内蔵していますので
そのためのボタン電池を使用しますが

例えその電池が切れても撮影はできます


私はアナログ大好きなので
フィルムでしか切り取れない瞬間とか
空気感とかを愛しています

多分デジタルだと
人が気持ちいいと感じる雑味というか
空気の生命力まで
まだ表現しきれないのだと思います


これは録音の世界にも言えると思うのですが
CDなどのデジタルな音源よりも
アナログレコードの録音の方が
あたたかくて心に優しく響きます

最近 アナログ音源は見直されている様で
カセットテープとか
アナログな媒体で音楽を発表している
アーティストが増えている様ですね

たしかにデジタルは
便利でノイズは無く
鮮明な仕上がりになっているとは思います

このブログの写真も
私のガラケー内蔵のデジカメで撮っています
きれいに撮れるなあ と思います


いろんなことが手軽で便利になってますね

たとえば自動車なんかも
なんとかアシストとか
人間の意思を代行する機能が装備されて
寝てても運転できるような方向に向かっているようです


でも車って 昭和に育った私からすれば
マニュアル車を自在に操る快感とか
自分の意思で好きなところへ
車との一体感を楽しみながらいける
ほんとうに楽しい道具だったはず

ヒール&トゥとか
めっちゃ練習したし
(今の人はほとんどご存知ないと思いますが
マニュアル車を速く無理なく走らせる技術です)

そういう車でのデートは楽しかったって
私と同世代の男性で思っている方は
多いのではないでしょうか


人間は一見めんどくさいことを
自分の脳や身体を駆使して解決できたとき
本当の快楽が得られるのではないだろうか


でも最早 便利さと手軽さに敵う価値観ではない
ということか


ん ちょっと酔っぱらってきました

長くなりましたが

今日もお付き合いくださり
ありがとうございました!

今週も楽しく過ごされますよう☆
[PR]
by tadabass | 2016-12-12 05:04 | 日常 | Comments(0)