Tada Kazuhiro Online tadabass.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ベーシスト多田和弘のスケジュールなど


by tadabass
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧


コロのこと


私が小学生のころ 
ある日 学校の帰りに一匹の見知らぬ子犬と遭遇しました

おそらく生後2ヶ月くらいでしょう

茶色い短い毛の雑種でしたが
尻尾の先端と 4本の足の先だけがそれぞれ白く
まるで真っ白い靴下を履いているようでした

耳は垂れていて 目は黒くて大きく
表情がとても愛くるしかったので 一目ぼれしてしまいました
こんなにかわいい犬は見たことが無いと思いました

首輪をつけていなかったので とりあえず家に連れて帰りました
そして親にこの犬を飼ってもいいかと訊いて見ました

答えは 「絶対ダメ!」 でした

我家では今まで犬を飼ったことは無く 
庭も狭いうえ 世話も出来ないに決まっている
というのがその理由でした

私もそのころから一度いいだしたら聞かない子供だったので
あきらめず 半ば強引に犬の居場所をダンボールで玄関にこしらえ
しつこく飼わしてくれと頼み続けました
最後には親も呆れて勝手にしなさい ということになりました

その牝の子犬は ころころ太っていたので 「コロ」 と名づけました
(最近はコロとかポチとか呼ばれてる犬は見かけないですね)


ところが次の日 私が学校から帰ると
玄関にコロの姿がありません
あわてて親にどうしたことかと訊いてみると

なんと 「やっぱり捨ててきた」 と言うではありませんか

私は大泣きして抗議しました
そのまま家を飛び出し 自転車で近所中を探し回りました

途中クラスメートにばったり会い 犬を見なかったか尋ねましたが
多分 私のただならぬ様子を見てか
なんだか からかわれ始めたのでイライラしました

日が暮れて結局コロを見つけることは出来ず
失意の中 家に帰りました
親のとった行動も腹が立つし 愛する犬を失った悲しみも深く
かなり落ち込みました


その2,3日後のことです

私がいる授業中の教室に突然歓声が起こりました

教室に犬がトコトコと入ってきたのです

コロでした

もう教室は大騒ぎで授業どころではありません

みんな その愛くるしい犬のまわりに集まりました

私のよろこびは いかばかりだったでしょう

きっと 偶然入り込んだところが私の教室だったというだけのことですが

子供ながらに何か運命を感じたように思います

先生に 「これはうちの犬である」 と事情を話し

放課後まで職員室で預かってもらうことになりました

そしてコロと一緒に家に帰りました

親も驚いていましたが 数日前の私のいじけっぷりを見ているので

今回は渋々飼うのを承諾してくれました



事情を聞いた クラスメートの大工さんをしているお父さんが
立派な小屋を作ってくださった

コロとはほんとうによく遊びました
散歩には妹と交替で連れて行きました

大変な美犬?だったため モテるようで
発情期になると どこからともなくオス犬の群れが会いに来て
庭に入ってくるので  よく追い払いました

何度か子供を産みました
[PR]
by tadabass | 2009-10-29 14:13 | 日常 | Comments(3)

富士山が見えた


一週間前 用事で富士山の近くまで行きました
b0167999_10501768.jpg



そしてこちらは今朝 西荻窪の我家から撮影した富士山
b0167999_10525159.jpg



昨日の冷たい雨空が 嘘のように晴れ渡っています

彼方に見える富士山はすっかり雪化粧をしていました

ここ何日か急に冷えましたもんね



真っ白い雪を戴いた富士山の清冽な美しさ

富士山の見える場所で育ってきた人なら 

というか 一目でも見たことがある人なら

愛すべき対象として心に刻まれているのではないでしょうか



夕暮れ時 電車の窓から遠くに富士山のシルエットを見つけたとき

建物の陰に隠れてしまうまで目で追い続けてしまったり


あるいは景色を眺めるとき

無意識のうちに 富士山の姿を探している気さえします


普段は 私たちにとってその存在が当たり前なので

日常で富士山を強く意識するという訳ではありませんが

今回のように季節の移ろいによって その表情を変えたときなど

富士山に魅かれ続けてきた自分の思いがあらためて蘇ります

しかし富士山が見えるだけで なんでこんなにうれしいんだろ


実は 心だとか美意識だとかに富士山から影響を受けている人は

ものすごく多いのではないでしょうか


そのバランスの良い姿形と孤高なたたずまいから受ける心地よさに

私は憧れ続けてきたように思います
[PR]
by tadabass | 2009-10-27 13:14 | 日常 | Comments(0)

10月23日(金) 阿佐ヶ谷ジャズストリートでの演奏でした

b0167999_1525228.jpg


久しぶりに演奏中の写真を撮って貰いました

この日は夕方 商店街の真ん中でストリート演奏

そのあと場所を変えて 「さんはうす」 というお好み焼き屋さんで演奏しました

写真はそちらでの演奏風景です

左から小山アヤ(vo)、石川剛(p&リコーダー)、多田和弘(b)です

石川くんのリコーダー(結構いいんですよ!)と掛け合いをしました



順番は前後しましたが 

パールセンターでのストリート演奏の模様です

b0167999_1031693.jpg


演奏者は上記のメンバー プラス ナカジマカオリ(as)、尾川太郎(ds)

肌寒い中 多くの方々が耳を傾けて下さいました


聴いてくださったみなさん ありがとうございました!
[PR]
by tadabass | 2009-10-24 15:49 | 音楽 | Comments(0)

釣りに行こう  その2


b0167999_12115426.jpg

夕暮れ時の善福寺川  秋らしい雲の夕焼けでした


釣りの思い出といえば

私が小学5,6年生のころ
いつもは友達と近くの川に毎週末に釣りに行ってたのですが

その日は仲間の都合が悪くて 誰も一緒に行く相手がいなかったのです

しかし どうしても行きたくて用意を始めると
私の2才下の妹が一緒に行きたいと言う

親も一人よりは安心だから一緒に行けという

目的の釣り場は 家から自転車で小一時間はかかる
印旛沼水系の支流で民家もまばらな農村地帯にあります

そこに妹を連れて行くのは初めてでした

えっちらおっちら自転車をひたすらこぎ
おそらく目的地に着くまで その遠さに幼い妹は相当くじけたと思います

釣り場に着いたら クチボソという小魚が入れ食いで
時間を忘れて釣りをしました
妹のハリに餌をつけてやりました

地味な釣り場なので 周りに人気は全く無く
今思えば危険極まりないのですが
当時の私は夢中になって釣りをしていました

二人で大漁を喜び 気がつけば
辺りは日が暮れて 真っ暗になっていました

急に心細くなって いそいで帰る支度を始めました

多分何かあったら 妹を守らねば とか考えたように思います

確か暗くて 帰り道を少し迷いました
妹はまったく文句を言わず 平気そうについてきました

私自身は かなり心細かったんでしょう
家に帰り着いたときの明るさとかあたたかさを
今でも覚えています




今夜はスーパーレーサートリオ&Jacob Koller(p)の
外苑前ジマジンでの楽しみなライブです!

ご都合よろしかったら ぜひ遊びにいらしてください!

メンバーのトマくんと Jacobさんは釣り好きということが判明!
みんなで行きたいですね
[PR]
by tadabass | 2009-10-22 16:11 | 日常 | Comments(0)

釣りに行こう


b0167999_13563770.jpg

午前中の善福寺川  秋の澄んだ風の中
日差しを反射して輝いていました


私は子供の頃から釣りが好きで 実家の千葉は川や海など
水に恵まれているのでしょっちゅう行っていました

どちらかというとルアーとかフライ(毛ばり)といった
能動的な釣りより  原始的な浮きとおもりと針だけのしかけで
ひたすら待つ釣りが好きです

緑褐色の水面に揺れるオレンジ色の蛍光色の浮きを
眺めているだけでも楽しいのです

水面下の魚を想像し この餌を見ているんだろうなとか
水底の地形を想像し この辺りの障害物のそばに群れているはず

とか色々なことを思い巡らします

そして 浮きにピコっと反応があると
いっきにアドレナリンが出て心臓が速くなります

そして次の瞬間 浮きがスーッと沈み込むと
「よしっつ!」 と竿を上げて合わせ(魚の口に針をかけること)ます

するとぐぐぐっと 手に重みと生き物の躍動が伝わります

人間が原始 狩猟をしていたころの血が騒ぐのでしょうか
狩りが下手だと 食べ物にありつけないので命がけだった記憶

魚を釣り上げたときの興奮と喜びは
そういう自然と共に生きてきた 生き物としての感覚が
心の深いところで蘇り
その感覚とは獲物への憧れや  
獲物が自分に与えてくれる味覚や
獲物を捕らえたことによる誇りといったもの

それらは遠い昔から人間が もっとも望み続けていた幸せであり

その幸せを所有するまでのプロセスが生む 興奮と喜びに
通じているのだと思います
[PR]
by tadabass | 2009-10-21 14:59 | 日常 | Comments(0)

金木犀の花が咲く頃


最近 善福寺川で見かける鴨の親子
b0167999_1211404.jpg



ずいぶん肌寒くなってまいりましたが
みなさん お元気にお過ごしでしょうか

秋といえば思い出すのは 
私が独り暮らしを始めた25歳のとき
近くの八百屋で売っていた 「焼いも」 を
毎日のように食べていたことです
安価で腹もちが良いため ということもありますが  
なにより さつま芋のやさしい甘さとホクホクした食感が好きなので
当時の秋冬の主食は焼いもでした


そのころ私はある一部上場の建設系の会社に新卒で入り
営業をしていました  といっても当時やっていたポップスバンド
に時間を費やしたくなって 入社3年で辞めてしまうのですが

今思うと ほんとうにダメ社員で仕事もろくすぽできないまま
退職しましたが 会社のためには逆に利益になったのではないかしら

在職中の失敗の記憶は数多いのですが なかでも忘れもしません

杉並区役所でのある公共工事の入札に参加する前日のこと
書類を用意しておき 本来は翌日一度会社に出社してから
入札会場に臨むべきところを
家が近かったので 直行させてくださいと上司にお願いしました

上司は それを承諾してくれましたが 
「遅刻だけはするんじゃないよ 業界中に恥をさらすことになるからね」
と私に念を押しました

翌日 入札は午前9時開始でした
そして私が起きたのは その10分前でした
なぜでしょう  目覚ましを早くかけすぎて
二度寝してしまったのでした
時計を見た私は夢であって欲しいと願いました

しかし現実は現実でした
真っ青になって家を飛び出しました
物理的には電車では間に合いません
だめもとでタクシーを拾ったのですが
環八の通勤渋滞に巻き込まれ 万事休すでした

結局 会場に到着できたのは 入札はとっくに終わり
同業他社の方々が帰り支度をしている最中でした

怒られたのは言うまでもありません

会社に損害を与えたことはもちろん
業界的にはありえない話なので 話題を提供することになり
お役所にも上司を平謝りさせてしまう羽目に・・・


そんな思い出多きその会社の元上司と元同期に
この間 偶然渋谷で再会しました 
何年ぶりでしょう

私が先に気が付いて 
まったくあのころと同じように声をかけました 
一瞬誰だか分からないようでしたが ずいぶん驚かれたあと 
すぐにあのころと同じように自然に話ができました

特に同期だった彼とは一緒の課だったので
よくゴルフだの海だの行って遊んだことを覚えています

今では お子さんもいるとのこと

上司の方も出世されて若くして部長として
ご活躍されているとのこと

きっと私の知らないところで数々の試練をくぐり抜け
今の安定した生活を勝ち取っている方たちなのです

また会うことを約束して分かれました




もし 私があのとき会社を辞めていなかったら・・・


ふと そんなことを想ってもみましたが
まったく想像ができません

当時の私にも 現在の私の状況はまったく想像できなかったでしょうけど


どうも先のことを考えるのは昔から苦手です

ただ みなさんもそうだと思いますが
振り返ると ところどころに 「人生の転機」
と呼べる出来事や出会いがあって今につながっています

その時々で それらを大切に選んだり選ばれたりしてきました

今も先のことはわからないけれど
一度っきりの人生を よく生きていければと思います
こんな私に関わってくれる人々に感謝をしつつ
[PR]
by tadabass | 2009-10-14 23:04 | 日常 | Comments(4)

丸の内コットンクラブにて結婚披露パーティーでの演奏でした
b0167999_18272589.jpg


丸の内コットンクラブといえば ブルーノート東京の系列店で
日々 海外の超一流アーティストが熱演を繰り広げる
日本を代表するジャズクラブの最高峰の一店です

今回はホール貸切のパーティー
ホール貸しをしていることを初めて知ったのですが
音楽の好きなカップルだったら 最高の音響と高級感のある雰囲気
また料理の質の高さといい  ちょっとした高級ホテルより
コットンクラブをパーティー会場に選ぶのは正解だと感じました

リハーサルからお店のスタッフの方々も大変協力的で
会を盛り上げるため念入りに打ち合わせが行われていました


ステージに立つと 先日までパット・マルティーノ(g)が
演奏していたと思うと感慨深いものがありました

ピアノはスタインウェイでした
とてもやわらかな美しい音で鳴り
気持ちいい音で会場を満たしました


今回の新郎新婦は20代の歌い手さんのカップルでした
お友達もたくさん見えて 会場は満席

ステージから会場を眺めると お客さんが
本当に楽しそうでした
演目ひとつひとつに新郎新婦のお人柄の良さが現れ
お客さんも温かい声援を送っていました

こういう結婚のイベントで これだけ来て頂いた方に
よろこんで頂けるというのは大成功のパーティーだと思いました 

演奏させて頂いて光栄でした
末永くお幸せに!


もし 結婚パーティーをお考えの方がいらしたら
特にミュージシャンの方でしたら
丸の内コットンクラブを検討されるのもいいかもしれませんよ

ただ 値段はそれなりにするとは思いますけど
[PR]
by tadabass | 2009-10-13 19:27 | 音楽 | Comments(0)

一晩明けて 横浜ジャズプロムナード
イセザキモールにて演奏でした
b0167999_22355598.jpg


晴天の下 人々の行き交う往来での
まさにストリート演奏
お昼の12時から40分ほどのライブでした

直射日光が照りつける中 本当に多くの人が足を止めてくださり
より熱のこもった演奏になりました
聴いてくださったみなさん スタッフのみなさん ありがとうございました!

今日のメンバーは 小山彩(vo) 石川剛(p) 尾川太郎(ds) 
と私(w-b)でした



横浜といえば 私が数年前 運送屋で働いていた頃
4年くらい毎日トラックで回っていたエリアです

今日 関内駅に降り立ったとき感じたのですが
空気の匂いが懐かしくて そのころの記憶が
一瞬にして蘇ってきました
記憶といっても 当時の細々とした事柄を思い出した訳ではなく
もっと断片的で感覚的な 
例えば  「運転中の孤独な気持ち」 のようなものでした

そういえば昨日 東船橋駅に降りたとき感じた空気のおいしさも 
その街(私が育った地域)が発する独自の匂いの成分によって 
古い記憶が刺激されて懐かしさとか親しみといった感情がわき
ただ 「おいしい」 というだけでなく
「心地よさ」が加味されたものだったと思います


匂いと記憶との結びつきは強くてスピーディーなので
何かを思い出そうとしたとき
先に匂いを思い出せれば 一瞬にして
その対象をありありと身近に感じることが出来たりします


また きっと みなさんもそうだと思うのですが
好きな人やモノなど 思い入れのある事柄は
その匂いまで好ましく思えたりします

例えば 男性だったら好きな人のシャンプーの香りとか
女性だったら彼の煙草の匂いのシャツとか
極端な話 汗臭かろうがそれが大好きな人のであれば
芳香になるという感性を嗅覚はもっていると思います

もちろん 逆に匂いが好きだから 好きになった
ということもあるでしょうけど

 
[PR]
by tadabass | 2009-10-12 00:54 | 音楽 | Comments(0)

やっぱり千葉が好き


東船橋 カフェグルーヴィンにて演奏でした

私の育った船橋市 駅に降り立ったら

空気がおいしくてうれしくなります

グルーヴィンは駅の南口を出て1分のきれいで寛げるお店

ライブも頻繁におこなっているらしく音響も良かったです

今回のメンバーは

西直子(vocal) 外谷東(piano) 宮田よし(sax) ゲストボーカルにケン・アマド

と私のウッドベース

お客さんも大勢見えて雰囲気のいいライブになりました

b0167999_17417.jpg



このお店 西荻から総武線で1時間くらい 結構近いです

料理や飲物もおいしいし いいお店!

ほろ酔いで電車に揺られ

三島由紀夫の『音楽』を読みながら帰りました

半分読みました 続きが早く読みたいです
[PR]
by tadabass | 2009-10-11 02:07 | 音楽 | Comments(0)

善福寺川のほとりを歩いていると
ここのところ川の中を歩くアメリカザリガニをよく見かけました

子供の頃 「マッカチン」 と呼んでいた
成長すると真っ赤で大きなハサミを持つ
体長10cm程のザリガニです
近所のため池等でタコ糸に煮干をくくりつけて釣り上げて
遊んだ方も結構いらっしゃるのでは

東京に来て なかなか目にする機会も無い 
このザリガニですが
今年の善福寺川では健やかに育っていたようです

ただ やはり赤くて大きな体は目立つようで
サギやカラス等の天敵の格好の目標になってしまいます

川沿いのアスファルトの上にザリガニが
食い散らかされた残骸をいくつも目にしました

硬い頭とハサミの部分だけ残されて
道の上に それらが所々に赤く散らばっていました

やわらかい腹の部分は鳥たちにとって
この上なく美味しいごちそうなのでしょう
ついばみつくされ 全く残っていませんでした

それにしても鳥に食べられるのを望んでいるような
鮮やかで目立つ赤色の体
[PR]
by tadabass | 2009-10-10 10:53 | 日常 | Comments(2)