Tada Kazuhiro Online tadabass.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ベーシスト多田和弘のスケジュールなど


by tadabass
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


年越しイベントの顛末


ひと月って 本当に短いと感じます
この勢いで一年もあっという間に過ぎ去ってしまうのでしょうか

いまさらですが
今月の初め 大晦日の夜から元日の朝にかけての顛末を書いておきましょう

年越しは 昨年来 大変お世話になっている代々木のジャズバー『what's』にて
清田晃弘(g)主催のライブイベントに参加しました

夜9時頃から 常連のお客さんやミュージシャンたちが集まり
その会は和やかにスタートしました

ライブのメインアクトとして友達のシンガーAdeu.が出演することになっていて
彼女の友人たちも来て下さったので 会場内は女子比率が上がり
華やかなムードになりました

飲み放題 食べ放題で おいしいお酒はもちろん
おいしいお寿司やお惣菜がたくさん用意されていました

最初はみんなでビールで乾杯しました

私は演奏もあるし 年が明けたら吉祥寺のサムタイムに遊びに行くつもりだったので
あまり酔っぱらわないように気をつけていました

サムタイムには昨年の年明けに遊びに行ったら お店のスタッフさんたちや
遊びにいらしていた大御所のジャズミュージシャンたちと
豪華な歌謡(?)セッションになり 私も井上陽水を歌ったりして
非常に盛り上がったのでした
ですから 今年もかなり楽しみにしていて
こっそりギターを練習したりしてネタをしこんであったのです


さて What's年越しライブの方はセッションを交えながら楽しく進行していました
カウントダウンではAdeu.と清田くんの漫才のようなトークで新年を迎えました
このころはみんなほろ酔いで いい気分で演奏したりおしゃべりしたり


しかし この後あたりからでした 私の言動がおかしくなっていったのは・・・ 

新年を迎えて無礼講ということで 私はサムタイム用に用意していた
歌本(昭和のヒット曲集)を取り出しフォークギターを借りて
加山雄三や近藤マッチを歌いはじめました

What'sの看板娘であるバーテンのカオリさんが
私のギター伴奏で中森明菜の『セカンド・ラブ』を歌ってくれて最高でした

このようにジャズバーらしからぬ音楽が店内を満たしましたが
みなさん 結構楽しそう
もちろん私も楽しくなって 一層お酒が進みました
なんせ飲み放題ですから

気が付いたら ウイスキーのロックを麦茶を飲むように飲んでました

ここから先の話は私の覚えていることと 人から聞いた内容が半々くらいです

その後 すっかりごきげんな私はやはり女性を口説きはじめたようです
再び弾き語りで愛の歌を熱唱したりしました
その上 女性たちを抱っこしたがりはじめ 誰かをお姫様抱っこしたことを
かすかに覚えています

そんなことをするから余計酔いがまわりました

サムタイムのスタッフで友人のピアニスト きくちさんが午前3時ころ
私に電話をくれたらしい 
サムタイムに歌いに来ないのかという質問に私は
もうちょっとしたら行くと答えていたらしいが
後から聞いた話 きくちさんは私の電話口での ぐでんぐでんな話しぶりに
多田さんは今年は来ないなと悟ったという


その後 午前4時すぎくらいにまたみんなで演奏をしたらしいのですが 
その記憶がまったくありません
これも後から聞いた話 見た感じは普通にベースを弾いているのですが
演奏はかなり 「?」 だったそうです


その後 気持ち悪くなりトイレで吐きました
多分 十数年ぶりくらいです

その後 お店で少し寝て また気分が悪くなり
再びトイレで吐きました
(お食事中の方 すみません・・・)

朝の6時ころ 解散になり
ふらふらで帰宅 電車も少し寝過ごしました
もちろんサムタイムにも行けずじまいでした


その後 夕方まで泥のように眠りました


起きた時 いろんな断片が思い出され かなりブルーになりました

はしゃぎすぎてしまいました
みなさん たのしんで頂けてたらよいのですが


というわけで 2010年の元日は頭痛とともに
最低な気分でスタートしたのでありました
[PR]
by tadabass | 2010-01-31 23:59 | 日常 | Comments(0)

ジャズは楽し


1月28日 代々木WHAT'Sにて小山彩(vo)トリオのライブでした
メンバーは石川剛(key)と私です

b0167999_7222393.jpg

左から石川剛、小山彩、多田和弘

このトリオでは昨年の11月からWHAT'Sに月一で出演させて頂いています
小山さんは20代前半と若いのですが 
渋くていい曲をたくさんレパートリーに持っていて 
落ち着いた歌唱でしっかりと聴かせてくれます
石川くんのしなやかなピアノとも相性抜群です
そしてWHAT'Sのオーナーでありサックス奏者の藤田明夫さんが毎回参加してくださり
楽曲にさまざまな色どりを加えてくださいます
 
WHAT'Sのようなジャズバーでグラスを傾けながら
ゆっくり音楽を楽しみたい方におすすめのライブだと思います

足を運んで下さったみなさん ありがとうございました!

次回は2月18日(木) 同じメンバーでお待ちしております



続いて1月29日は錦糸町J-flowにてジャムセッションのホストでした

今回は友達のミュージシャンやお店の常連の方々が多数来て下さり
私がJ-flowをお手伝いするようになって最高の参加人数となりました

いつもこのブログにコメントをくださるボーカルの小梶さんが一番乗りで来て下さった
小梶さんは先日J-flowで大盛況のライブを行なったばかり
気持ちのいい歌声を披露してくださいました

それからなんと前日共演した小山彩さんと石川剛くんも遊びにきてくれました
小山さんは今日は立川ハーフトーンで歌うそうです 近い方はぜひ! 

そして友達のボーカル 椎菜真理さん キヨミさんが魅力的な歌を
聴かせて下さいました

ベース&ピアノのフクイさん いつもありがとうございます!

今回は他にも管やピアノやドラムやボーカルなどのお店の常連さんや 
初めていらした方々
みなさん 心のこもった演奏をされて 
セッションというよりも それぞれライブのようでした

セッション風景
b0167999_8275852.jpg


b0167999_8324267.jpg


みなさん ありがとうございました!
私の進行に至らない点も多々あったかと思いますが
ぜひご意見等 気軽に言って頂けたらと思います


最後に 今回のホストメンバー
b0167999_844129.jpg

ピアノの那須野貴子さん  
今回はピアノの参加者が複数いらしたので あまり共演できなくて残念でした

また共演できる機会を楽しみにしています!


J-flowのジャムセッション 来月私がお手伝いするのは
5日(金) と 10日(水)の予定です

みなさんのご参加お待ちしています!
[PR]
by tadabass | 2010-01-30 09:37 | 音楽 | Comments(2)

ベース祭り 追記


先日 大久保ドルチェ・ビータのセッションの模様をブログで紹介しましたが

お店の方のブログにいい写真がアップされてましたので いただいちゃいました
b0167999_049526.jpg

4人のベーシストが入ったセッション風景です
一番右のエレキベースでライトハンド奏法をしているのが私です

なんだか楽しそうですね 私  
お店のアヤさんが爆笑しながら 写真を撮ってくれてました

ちなみに赤い帽子のエアーウッドベース(?)をしている彼は
セッション常連のタップダンサー イッケンさんです

*上の写真のきれいな拡大版

ほんとうにこの日はベーシストばかりが集まって下さいました
なかにはサンフランシスコ在住のベーシストでたまたま数日の日本滞在中に
このセッションに寄って下さった方もいらっしゃいました

集まってくださった方 みなさん素晴らしく
普段なかなか思い切ってフィーチャーされることの少ない
ベースのメロディー楽器としての側面をみんなで楽しむことができました
一緒に楽しんでくれたホストバンドの田中くんと田村さんにも感謝です

そしてベース4本が同時に演奏できたのも楽器の設備が豊富な
ドルチェ・ビータだからこそでした

いろんなグッドタイミングが重なった夜でした
[PR]
by tadabass | 2010-01-28 01:35 | 音楽 | Comments(0)

b0167999_1415837.jpg

1月26日 外苑前ジマジンにて私のバンド Super Racer Trio
ピアニストのJacob Kollerを交えてのライブでした

帰りがけ お店の前で記念撮影しました
左からジェイコブ、村松トマ、私です (ドラムの森永くんが撮ってくれました)

今回はジェイコブも歌を披露してくれたり
オリジナルの新曲を初披露したり とても楽しかったです

ジマジンの渡辺さん いつもありがとうございます!
音響がいいと言ってくださったお客さんが多かったです

そして寒い中 忙しい中 足を運んで下さったみなさん ありがとうございました!
[PR]
by tadabass | 2010-01-27 02:23 | Super Racer Trio | Comments(2)

国語の先生


善福寺川の冬の朝
b0167999_11321659.jpg

鴨たちも寒そう

冷たく乾いた空気が鼻の奥を刺激すると
子供の頃の体育のマラソンを思い出します



私が中学生の時の国語の先生でとても印象に残っている方がいまして
当時20代後半くらいの女性の先生です

授業は肩の力が抜けていて 
文章の解釈を生徒たちと一緒になって楽しんでいるのが
伝わってくるような感じでした

ときたま性や死などのテーマについても
結構ショッキングな内容を割とさらりと話してくださったり

そういう話題に興味津津な年頃の私は
その先生の授業がとても楽しみでした


ある日の授業で小説かエッセイだったかを取り上げた時でした
その文章中の主人公がつぶやいた言葉で

「まあ いいや、 どうだって・・・」

というセリフがでてきました
前後の文脈は覚えていないのですが

そのセリフについて先生がしみじみ

「これは口にしたら楽になるよ  何があったって」

と語られた

当時まじめな?(実は生徒会長でした)少年だった私は
そんな投げやりな言葉で自分をごまかすなんて
と少年らしい潔癖な嫌悪感をその話に対して持ちました

でも反面 「まあ いいや、 どうだって・・・」
と実際に口にしてみると こりゃ救われるかもと思ったことも確かです


それ以来 なにか沈んだ気分になったような時は免罪符のように
「まあ いいや、 どうだって・・・」 が思い出されるようになりました

そんな風にしてダメ人間への道を歩み始めたのであった

先生ありがとうございます!


最近 私の口癖に追加されたものとして

「まあ それはしょうがないよ」

というのがあります
[PR]
by tadabass | 2010-01-26 12:51 | 日常 | Comments(0)

ベース祭り


1月25日 大久保ドルチェ・ビータにてジャムセッションでした

ホストバンドはいつもの田中裕一(G)くんと初顔合わせの田村陽介(ds)さんと私でした
*私のスケジュールでドラムが樋口広大さんになってまして すみませんでした

今回はお客さんの出足が悪く 最初は常連のベーシストの湯川さんのみでスタートしました
30分くらいは青本(スタンダードジャズの曲集)を制覇する勢いで弾きたおしておられました


しばらくして お客さんが見えました ノートにお名前と楽器のパートを記入して頂くのですが
ベーシストでした

しばらく湯川さんと二人で交代で演奏を楽しんで頂きました


しばらくすると またお客さんが見えました 手ぶらだったので
もしかしたらピアニストかも と田中くんは期待したかもしれません

ベーシストでした

なかなかセッションでベーシストが複数名いらっしゃることは私の経験上稀で
そのうえベース以外のパートが全然来ないという状況は多分初めてかも


しばらくすると またお客さんが見えました
こうなってくると ベーシストが来たほうが面白いとか田中くんと話してました

エレキベーシストでした


なんと またその後にもベーシストがもうお一人見えて
結局 私を含めると総勢5名のベーシストが集結しました

せっかくなのでベースでテーマ(メロディー)を弾いて
ベースメインの演奏を試そうということになり
最初はベーシスト2人で softly as in a morning sunrise 
とかやったら盛り上がったので 次は3人でブルース
和音とか弾いたりしてぐちょぐちょ
でも楽しい!  レイ・ブラウンの演奏でこんな風なのあったような

最後はベーシスト4人で軽快なスタンダード曲で〆ました
b0167999_2355963.jpg

私はお店のエレキベースを借りて音をガンガンに歪ませて弾いてみました
気分が高揚しました
こんなこともあるからジャムセッションて楽しいです

今回は他にも素敵な女性ピアニストとタップダンサーのイッケンさんが参加してくれて
おおいに盛り上げてくださいました

みなさん ありがとうございました!


来月はドルチェ・ビータのセッションは22日(月)です

ギターの田中くんはニューヨークへ行くので一回お休みです
代わりに私の大好きなギタリスト古川靖久さんと
ドラムは樋口広大さんとのホストバンドでみなさんをお待ちしております

ぜひセッションを楽しみにいらしてください!
[PR]
by tadabass | 2010-01-26 03:15 | 音楽 | Comments(2)

タイミング


接客業をされている方なら特に 経験がおありかと思いますが

今の今まで 「ひまだなあ」 とぼやいていた次の瞬間から
お客さんが一気に押し寄せ まるでしめし合わせたかのように
同じ時間帯に集中することがあります

そういう時に限ってまた電話とかも鳴り出したりして
てんやわんやに・・・
あまりにも重なりすぎて かえって笑ってしまうこともあります
次は何が起こるのだろうかと

接客する身にとってはお客さんを待たせることは大変なプレッシャーになります
かといってサービスの質を落とすわけにもいきませんので
お客さんの行列を見ながらも冷静な対処が要求されます

あーあ さっきまでのひまな時に来てくれてたら
もっと丁寧な応対ができたのに と思うこともありますが
そうそうこちらの都合通りにはいきません


こんなふうに 理由もなくいきなりお店の引力が5倍増しになったような
現象を私も今までたまに経験してきました

なにか不思議な力に引き寄せられているようなタイミングのよさ(わるさ?)

まったく偶然だとは思うのですが 何か理由があるのではないか
とも思ってしまいます



考えてみると 人と人が出会う ということも自分の力ではどうにもできない
タイミングに大きく左右される場合があります

たとえば今日初めて知り合ったあなた
あと数時間おたがいの予定がずれていたら
一生ことばを交わすこともなかったかもしれません
しかし なにかに引き寄せられたかの如く出会ってしまった

そしてその出会いがお互いに大切な人との出会いだとしたら
「運命のタイミング」 とも呼べるべきものでしょう



さあ これからどんなタイミングが訪れるでしょうか
[PR]
by tadabass | 2010-01-18 18:19 | 日常 | Comments(0)

教える


縁があって 女性ピアニストを教えることになりました

彼女はクラッシックを子供のころから弾いていて
最近ジャズをやりたくなり 私の友人のピアニストに
3か月前に弟子入りしました
以来 私のやっているセッションにも参加してくれたり熱心なので
時間をつくって教えることを提案しました

私がジャズを教えるというのもおこがましい気がしましたが
今までいろいろな方々から受けたアドバイスや
演奏してきた中で感じたことなどを基に
勉強の仕方を一緒に考えるというスタンスであれば
これからジャズを始める人にとっては
何らかの役に立つのではと思いました

教え始めると その内容はふたつに大きく分けられました
ひとつはジャズ演奏の伝統的な様式について
たとえば楽曲や奏者の知識及び音楽理論的なことなど
もうひとつは音楽をより楽しむための心の持ち方といったものです

実際 これらのことがらを人に説明するためには
その事象の理由と結果などを自分の頭の中で整理して 
言葉にする作業が必要です
つまり 人に教えるために一回自分の考えをまとめて
自分に確認しなければならないということです

面白いなと思ったのは 今回の彼女の場合 
いろんな質問が次々飛んでくるので
その都度 答えながら自分の考えにあらためて気づく
というような状況が多々あったということです

教えているようで教わっている!? ような感覚を味わいました

また 私がジャズを始めた頃の こんなのできるわけないと感じた不安や
逆にワクワクして練習にのめりこんだ気持ちを思い出すことができました

彼女が聞いた 「多田さん 今 幸せですよね」
という問いがとても印象に残っています
[PR]
by tadabass | 2010-01-14 18:00 | 音楽 | Comments(0)

関内FAROUT


1月6日 関内のジャズクラブFAROUTにてライブでした

FAROUTは私は初めてだったのですが関内駅から徒歩2分
ガラス張りのビルの2階にある開放的な雰囲気が気持ちいいお店でした
店内に入るとピアノの調律の最中でうれしくなりました
リハを始めると広い店内にかかわらず 音が自然で演奏しやすくて
またうれしくなりました

この日のメンバーはJacob Koller(p) Eiji Jhon Mitsuta(ds)
とのトリオでした

ドラムのEijiくんとは初顔合わせでした
笑顔のチャーミングな青年で歳を聞いたらなんと18歳とのこと
ハンカチ王子といっしょだ
この春からロスの音楽学校に留学するそうです

演奏はスタンダード中心にお届けしました
ソフトで洗練されていて 且つ情熱的なJacobの魅力が
充分に発揮されたトリオサウンドで 演奏していて幸せでした
聴いてくださったみなさん ありがとうございました!


同じメンバーで来週13日(水)に関内の山科というお店で演奏します
楽しいライブになると思います
お薦めですのでぜひ聴きにいらしてください!
[PR]
by tadabass | 2010-01-07 14:04 | 音楽 | Comments(0)

1月の予定


今年もみなさんとお会いできることを楽しみにしています!


○1月6日(水)  関内farout  Jacob koller(p)トリオ

○1月7日(木)  代々木What's  藤田明夫(sax) 清田晃弘(g) 

○1月8日(金)  錦糸町J-flow  阿部樹一(p)ジャムセッション

○1月13日(水)  関内山科  Jacob Koller(p) Eiji Jhon Mitsuta(ds)

○1月14日(木)  西新宿BLACK SUN

○1月15日(金)  錦糸町J-flow  阿部樹一(p)ジャムセッション

○1月16日(土)  代々木What's  清田晃弘(g)

○1月21日(木)  田町SUPER RACER  Super Racer Trio 

○1月25日(月)  大久保ドルチェ・ビータ  ジャムセッション
            田中裕一(g) 田村陽介(ds)

○1月26日(火)  外苑前ジマジン  
            村松トマ(g&vo) Jacob Koller(p) 森永哲則(ds)

○1月28日(木)  代々木What's  小山彩(vo) 石川剛(key)

○1月29日(金)  錦糸町J-flow  那須野貴子(p)ジャムセッション

○1月30日(土)  代々木What's  清田晃弘(g)
[PR]
by tadabass | 2010-01-06 14:31 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)