Tada Kazuhiro Online tadabass.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ベーシスト多田和弘のスケジュールなど


by tadabass
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

梅雨が明けてから


暑い日が続きますね

みなさん冷たいアルコール飲料とジャズの生演奏で

暑気払いにいらしてください!


7月15日(水) 代々木 ジャズバー『What's』
         藤田明夫(sax)
         田中裕一(guitar)
         多田和弘(bass)
          ミュージックチャージ¥2000           
         ライブタイム20:00~23:00

7月17日(金) 池ノ上 『ルイナ』
          矢舟テツロー(vocal&piano)デュオ
          詳細は矢舟くんのブログからどうぞ! 
          雰囲気のいいお店です


7月18日(土) 千葉市中央区 wine bar 『COTE D'OR』
           戸村幹(drums)
          奥吉聡子(piano)
          NALMI(ナルミ)(vo)
          多田和弘(bass)
          20:00~
          お店の3周年記念 チャージ無料です
          久々にエレキベースを弾きます
          万一 お近くの方いらっしゃいましたらぜひ!



7月23日(木) 芝浦ふ頭 『Super Racer』
          Super Racer Trio
          村松トマ(guitarvocal)
          森永哲則(drums)
          多田和弘(bass)
          入場無料
          20:00~ 21:00~ 22:00~


7月25日(土) 千葉県市川市 千葉商科大学プールサイド特設会場
          村松トマ(guitar)
          ジェイコブ・コーラー(piano)
          多田貴宏(drums)
          多田和弘(bass)
          入場無料
          屋外での気持ちいいライブ
          演奏は16:00ころからの予定です 
          お近くの方いらっしゃいましたらぜひ遊びにいらしてください!

7月27日(月) 大久保 『ドルチェ・ビータ』
          田中裕一バンド ジャムセッション
          二本松義史(drums)
          19:00~22:30
          参加費¥2200(2オーダー含む)
          *見るだけの方は無料です

 
7月30日(木) 代々木 ジャズバー『What's』           
          清田晃弘(guitar)デュオ
          ミュージックチャージ¥2000
          ライブタイム 20:00~23:00
          お酒が美味しいバー
          ゆっくりできますのでぜひ遊びにいらしてください 



7月31日(金) 阿佐ヶ谷 『jazz cafe misty』 
          矢舟テツロー(vocal&piano)デュオ
          18:00~
         *お店の都合によりキャンセルになりました
           もし お楽しみにしていた方いらしたら
           申し訳ありません 

# by tadabass | 2009-07-14 17:29 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)

水道橋の東京倶楽部にて第二日曜のお昼に
ジャズのジャムセッションをしています

昨日がそうだったんですが
天気も好く どこか海やら山にでも出かけたくなるような日
昼間から薄暗いライブバーでセッションなんて私なら行かないなあ
ってみなさんも思ったんでしょうね

開始時間を過ぎても店内にはホストバンドメンバーとお店の方の4人だけ
まだこのセッションは4月から始めて4回目ですが
だいたい10人弱の方が毎回遊びに見えるのです

ギターの田中くん「投票行きました?」
私「そういえば都議選でしたね これ終わってから行きます」
みんな選挙に行ってて来ないのかも

お客さんのいない中 メンバーで何曲か演奏を楽しみました

「なんだか今日は誰も来そうにありませんね 飲みますか」
誰からということもなく自然と飲み会に

東京倶楽部は本格的なバーカウンターがあり夜の時間帯には
熱心なファンを持つお店です
b0167999_10574252.jpg



私はお酒はあまり強くなく 以前演奏前に飲んで不本意な結果に
なったことがあって以来 『演奏前には飲まない』を信条としてきました

ただ今日は まあいいかという気分になり(弱い自分・・・)
さっぱりしたジントニックを何杯かおかわりしているうちに
すっかり楽しくなってしまいました

誰か誘いたくなってピアニストの石川くんに電話してみました
「石川くん 投票行きました?」
「いえ まだです」
「石川くん 今どこにいるの?」
「麻布十番でピアノを教えてました」
「そうですか 今水道橋でセッションなんだけど飲みに来ない」
「飲みに ですか・・・?  行きます」

ということで
石川くんを交えた酔っ払いカルテットができあがり
楽しく演奏を始めていると

演奏を聴きつけたのか 聴くだけのお客さんがカップルで
入ってこられた

お客さんがいると俄然燃えるのがミュージシャンの性
演奏も熱を帯びたものになります

酒の力かものすごくいい演奏をしている気になる
お客さんも拍手で盛り上げてくださり
喜んで下さっているようです

いっても酔っ払いの演奏なので粗かったとは思いますが
楽しかったことだけは確かです



このセッションは来月も第二日曜の昼間の予定です

なくならないことを祈るのみです
# by tadabass | 2009-07-13 11:25 | 音楽 | Comments(0)

音の視覚化


パソコンによる自宅録音をする機会がありました

そこでウッドベースを録音していて興味深いことが
あったので紹介したいと思います


ちょっと専門的な話になってしまいますが
まずウッドベースを録音するときに悩むのは
どんなマイクを使い 立てる位置をどうするかでしょう

どんな音を録りたいかにもよりますが一般的には
楽器の駒付近に単一指向性のマイク
少し離れたところに空気感を録るためのコンデンサーマイク
そして楽器に付けてあるピックアップマイクからのライン

の3本を混ぜ合わせて録音する場合が多いです
マイクを立てる位置は基本的には
自分の欲しい音が鳴っている位置に立てます


今回の録音では 
楽器のF字孔から20cmのところに単一指向性のマイク
楽器から2m離れた上方にコンデンサーマイク
そして楽器の内蔵ピックアップマイクからのライン
を使用しました


使用した録音ソフトは録った音を縦軸が音の振れ幅(音量)
横軸が時間として波形で画像表示されるタイプでした
b0167999_1421297.jpg

イラストはその画像イメージの例です
小節あたまの位置でそれぞれのマイクの波形を見ると
同じ音にもかかわらず音の出始めるタイミングに差があるのです


考えてみれば当たり前の話なんですが
ウッドベースの音は弦をはじき その弦の振動が大きなボディーに伝わり
共鳴して 今度はその揺れが空気を伝わって我々の耳に届くのです

ですから楽器内蔵のピックアップは弦が振動した瞬間に音を拾い始め
一方一番遠いコンデンサーマイクはその次の楽器の振動が
2mの空気を振動させた後の音を拾うので
音の立ち上がりにタイムラグが生じるのです
つまり楽器からの距離によって聴こえてくる音の
タイミングに違いがあり 近ければ速く 離れれば遅いということです

音が視覚化されてこの事実を実感しました


この差は微妙なのですが ベースの役割として 
音のタイミングでグルーブ(ノリ)を生み出す時に
自分の聴こえている音と離れているメンバーやお客さんが
聴こえている音のタイミングが同じではないと認識することは
大切なように思いました
# by tadabass | 2009-07-12 02:52 | 音楽 | Comments(0)

カーナビは使いません


カーナビ(=カーナビゲーションシステム)がずいぶん普及しました
新車には昔でいうカーラジオのような当たり前さで装備されているようです

カーナビが出た当初 その便利さに驚いたものです
目的地を入力するだけで 「次の交差点を右方向です」 
「まもなく左方向です」 と的確に指示してくれ
全く初めて行く場所でも何の不安もなく辿り着くことが出来る
とくに首都高での合流や分岐のナビっぷりは素晴らしく
わかりづらい標識に悩んでいるうちに曲がりそこねて
行きたいところで降りれなかった というような現象から
ドライバーを解放した功績は大きいと思います

だがしかし と最近思うのですが
地図をみて自分の頭で道をつなげて車を走らすのが
楽しいのでは と
そして道は覚えた方が絶対楽しいと思います

私が運送屋の見習いの頃 先輩が助手席で
「はい 次の角右ね」 「じゃあ そのビルの3階の奥の○×商事ね」
と丁寧に教えてくれるのですが 研修中はまったく覚えられず
何度も同じ事を聞いて呆れられたものです

ところがひとり立ちして 誰にも頼れない状況になったとたん
簡単に覚えられるようになりました


ですからナビに頼っているうちは道は覚えられないのです

確かに便利だしそれを使わないことは
時代に逆行しているのかもしれませんが

便利さを追求するあまり 「楽しい」ことが置き去りにされている
そんな気がするのは私だけでしょうか

フィルムカメラ アナログレコードしかりです

本来 「楽しい」=「めんどくさい」 であって
決して 「楽しい」=「楽ちん」 ではないはず 



とはいえ いいデジカメ欲しいし
耳コピするのはCDが便利だし

譜面だってナビと同様 
いつまでも見てるから曲を覚えられないのはわかっているのですが・・・
曲は覚えたほうが楽しい というのもわかってるんです
わかってるんです・・・
# by tadabass | 2009-07-09 13:14 | 日常 | Comments(2)

あおい一日


西荻窪を流れる善福寺川
b0167999_6481735.jpg

7月7日 七夕の日   久々に青空が見えました



近所の空です
b0167999_6541395.jpg




前回 鴨の親子がいた場所にカメが甲羅干しをしてました  わかりますかね
b0167999_657293.jpg






夜 我家のベランダから撮影 明るい月が雲間からときおり顔をのぞかせていました
b0167999_1213250.jpg

BGMは聖子ちゃんの『秘密の花園』(?) 月明かりが蒼く街を照らしていました

♪真夜中に呼び出すなんて あなたってどういうつもり・・・
# by tadabass | 2009-07-08 13:23 | 日常 | Comments(0)

幸福な船乗り


7月6日 渡辺健彦さんのウナマスでのライブでした
お越し頂いたみなさんありがとうございました!

やっぱり 渡辺さん良かったー!

ホームレスのことを歌ったシャンソン『クロディ・クロド』
この曲を渡辺さんの訳詞で演奏したのですが
不覚にも演奏中 涙が出てきてしまった
心に沁みる歌詞を切々と歌い上げる渡辺さん
麻由ちゃんのピアノもなんて優しいんだ!
いかん 演者が感情的になってはお客さんがしらけちゃうじゃん
とは思うのですが どうにもダメでした


さらに今回スペシャルゲストでサックスとフルートの
井上”JUJU”博之(ひろし)氏が参加されました!
その自由な音色によって  すごく雰囲気が洗練されて
世界がどんどん広がっていく感じでした


洋平くんのギターも 森永くんのドラムも
渡辺さんのうたに寄り添うように丁寧に
音を紡いでいました

そしてバラエティーに富んだ演目が続きます
どれもいい曲ですが渡辺さんの歌ぢからで
魅力が益々引き出されているようです

最後に演奏した『幸福な船乗り』
なんていい曲なんだろう!

音楽のよろこびを感じる
ほんとうに幸せなひとときでした



今回のバンド『アコロ(ひもじい)バンド』のメンバーです
b0167999_3172191.jpg

左奥から時計回りに渡辺健彦さん(vocal)、田中洋平くん(guitar)、森永哲則くん(drums)、
菊池麻由さん(piano)、私(bass)

後方に亡霊のように写っているのは
ウナマスの沢口耕太くんです(心霊写真ではありません)


b0167999_3271467.jpg

こちらは左から渡辺さん、私、そして井上JUJUさん

あ こちらの後方にも沢口くんが・・・



もう一枚 わが相棒 菊池麻由ちゃん(ピアノとバンマス)
b0167999_3374052.jpg



また みなさんとご一緒できる日を楽しみにしています!



ちなみに渡辺健彦さんと菊池麻由さんとは9月13日(日)に
吉祥寺JINGLE JANGLEにてライブの予定です

渡辺さんのワン・アンド・オンリーの世界を
ぜひ体験しにいらしてください!
# by tadabass | 2009-07-07 05:13 | 音楽 | Comments(2)

誰に会ったと思う?


本日7月6日(月) 歌手の渡辺健彦氏のサポートをします

渡辺さんは 早稲田高等学院でフランス語の教鞭をとるかたわら
フランスのうたをご自身で和訳して さまざまなライブハウスから
飲み屋までを舞台にご活躍されているシンガーです
そのレパートリーはいわゆるシャンソンをはじめ日本の歌謡曲も
とりいれたり幅広いです
選曲は非常に毒や社会風刺の効いた歌詞のものあり
はたまたコミカルソングあり 例えるなら 「うたの日仏混合鍋料理」!?

表題の『誰に会ったと思う?』という曲に至っては
一幕の劇を観ているよう   怖いですよ~


渡辺さんはMCやたたずまい等全てにおいておもしろいので
根強いファン(飲み友達?)が大勢いらっしゃいます

シンガーとしても歌詞をしっかり伝えたいという情熱が
聴く人の胸を打ちます

必見ですので パワーをもらいたい方
ぜひお越しください!

うたとお酒と人生を愛したくなります

三鷹UNAMAS
19:30~ 2ステージ
チャージ¥4200(1ドリンクつき)

渡辺健彦(vocal)
菊池麻由(piano)
田中洋平(guitar)
多田和弘(bass)
森永哲則(drums)
# by tadabass | 2009-07-06 11:52 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)

神童と隠れ家にて


7月4日は代々木What’での演奏でした

お店の建物の入り口 ブルーの涼しげな看板が目印です
b0167999_8293561.jpg


ギタリスト田中裕一くんとの久しぶりの
デュオライブ
少し早めにお店に入り 
リハーサルをしました
彼のオリジナル曲はかっこいい曲が
多いのですが
さりげなく変拍子がまじったり 
コードチェンジのタイミングが凝っていたり
慣れないと結構むずかしいのです
そのほか 松田聖子の
『Sweet Memories』などのポップスも練習
やっぱりいい曲だなあ

それから ジャズスタンダードをひたすらジャムり
『いつか王子さまが』を5拍子や7拍子でやってみたりしました
一般的に3拍子で演奏することが多いこの曲ですが
ただでさえ弾けないのに まったく手に負えず
これは普段練習しなければいけないなと思いました

極めつけは 田中くんが「フリーやりましょうか」
の一言で突入した恍惚の世界
ギターとベースでぐにょんぐにょんいわせて
だけどクールにいろんなノイズを楽しむ
ノイズもその場にふさわしいものであれば
ノイズではなくなるのです
いきなり『Alone Together』になったり
基本めちゃくちゃなんですけどね
これは楽しかったなあ


と  ちょっと休もうかと時計を見ると もう10時を回っていました
長いリハーサルでしたね

お客さんは結局 現れませんでした・・・


その後 お互いの演奏を携帯の動画で撮り合って
フォームのチェックをしたりして遊び
土曜の夜は更けていったのでした


田中裕一くん  店内にて
b0167999_9563085.jpg


彼の県立千葉高校出身ばなしに花が咲きました
千葉県民にとって県千葉に入るというのは東大に入る以上に
リスペクトの対象になることなのです
その入試においては5教科で460点が合格ラインという
ほぼ満点を要求されるありえなさ
それ以外にも 体育 音楽 美術などの実技も落とせないので
まさにパーフェクトな中学生のみ入学を許される高校なのです

田中くんの話だと中学くらいまではオール5以外とった記憶がない
とのことで
それを聞いたバーテンダーのハギワラさんと私は
「ふーん ぜんぜん そんなふうに見えない」
「人は見かけによらないですね」
と失礼な反応をしてしまいました

「昔はすごかったんですけどね・・・」
と遠くを見つめるような目をしてつぶやく田中くんであった



バーテンダーのハギワラさんお薦めの
お茶のリキュール『sasa』のウーロン割りをいただいた
b0167999_10593385.jpg

これが爽やかで美味しかった!

残念なことにもうこのお酒は製造されてないそうです
ハギワラさんがストックしている自前のボトルで作って下さいました



さて 田中裕一くんとは7月15日(水)にもWhat’sにて共演します

さみしいのでみなさんあそびにいらしてください!
# by tadabass | 2009-07-05 11:52 | 音楽 | Comments(0)

うちへおいでよ


夕暮れ時 雨がポツポツ落ち始めた善福寺川
b0167999_165448.jpg

なんだか少し切ない気分になったのは 
川面にひろがる雨の波紋がきれいだったからか (なんちって)
それにしても どうしてこんなに水辺に魅かれるのだろう
子供の頃さんざん千葉の川や田んぼや湿地帯で遊びまわった記憶のせいでしょうか


千葉といえば 本日7月4日 代々木の隠れ家的ジャズバー『What’s』で共演する
田中裕一くん(guitar)も千葉出身でした  
彼は県立千葉高校という県内でも有数の進学校に入るも
高校の3年間は麻雀の記憶しかないという 
ある意味若くして 人生の楽しみ方を知っている男と言えましょう

彼のレパートリーには はっぴいえんどの『風をあつめて』
吉田拓郎の『結婚しようよ』などのポップスをジャズアレンジしたものがあり
とても親しみやすいです
また彼のオリジナルに聴けるポップなセンス溢れるきれいなメロディーも魅力です

いつも田中くんにはセッションのホストバンドでお世話になってまして
ライブは久しぶりなので楽しみです


代々木What’sはアットホームなお店です  
例えて言うなら 「うちで飲む?ちょっと仲間が来て演奏するけど」と
誘われて友達の部屋に遊びに行くような感覚で楽しんで頂けると思います


ただ 来て頂いたあなたがたった一人のお客さんという可能性が高いので
(なんせ隠れ家ですから)

その場合はいろいろ世間話でもしながら楽しく過ごしましょう
遅くまでやってるのでぜひ気軽に遊びにいらしてください!
ライブタイムは20:00~23:00で バーは翌朝3:00まで
ミュージックチャージ¥2000です
アクセスは右記リンクよりご確認ください→ Jazz Bar What’s 

今月は他にも 15日(水) 30日(木)にWhat’sに出演します 
それぞれ魅力溢れる方とのデュオ演奏の予定です
ゆっくりまったりしたい方 ぜひチェックしてみてください!
# by tadabass | 2009-07-04 10:35 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)

7月1日(水) 代々木ARTICAにてSuper Racer Trioのライブでした
このトリオでは初出演でしたが想像以上に音響がよく
とても気持ちよく演奏できました
来て頂いたみなさんありがとうございました!



ARTICAはJR代々木駅西口から徒歩5分足らずの好立地
b0167999_228549.jpg

ウッディーな階段を上ると

おしゃれな入り口が
b0167999_228208.jpg


お店の内外装の随所に木をあしらった意匠があり 
あたたかなムードを醸し出しています


そして こちらがお店のスタッフの重松さん(左)と雨宮(あめみや)さん(右)です
b0167999_22221589.jpg

このお店の雰囲気同様 とても感じのよい方々で
お二人に会いに行くだけでも価値があると思います
雨宮さんの作るオムライスとても美味しかったです



また このお店では世界のミネラル・ウォーターが楽しめます
みんなでいろいろな種類を頼んで飲み比べしましたが
うわっ なんだこりゃ!みたいな味の水もあっておもしろいですよ

デトックス効果や免疫力アップを期待できる水もあり
ヘルシー志向の方には特におすすめです


お水を楽しむ 美女二人
b0167999_22495284.jpg




ARTICAはライブをするようになってから一年とのこと
これから ますます知名度もあがってくることでしょう

ちなみに今後の私のARTICA出演予定は

8月7日(金) 高木克明グループ

9月9日(水) Super Racer Trio

が決まってますので ぜひ遊びにいらしてください! 
# by tadabass | 2009-07-02 23:31 | Super Racer Trio | Comments(0)

友人達との「ランチ会」


このブログを始めたのは実質 今年の4月からなので
はや 3ヶ月経ちました 読んで下さってるみなさん ありがとうございます
振り返ると あまり音楽のこと書いてないですね
とくにテーマを絞らず そのときどきで好きなことを
できればみんなが楽しめるように今後も書いていきますので
よろしくお願いします!

そしてパソコンに暗い私にこのブログを書くインフラを整備してくれた
友人のデザイナー・イラストレーター新藤真実さんに
この場を借りてあらためてお礼を言わせてください
ブログ楽しく書いてます ありがとう!

今日は大切な友人二人を紹介したいと思います
前述の新藤真美さんと菊池麻由さんです
b0167999_142425.jpg

こちらは先日 近所の音楽仲間が集って新藤さんの部屋で行われた
「ランチ会」の模様  餃子の焼き加減を確認する新藤さん
なんだか神々しいオーラ(湯気?)が出てますね



b0167999_114192.jpg

こちらがピアニストの菊池麻由さん この日のテーマは4月生まれの新藤さんと
ボーカリストのヒロヨさんの2ヶ月遅れの誕生会でした


新藤さんと菊池さんは武蔵野美術大学出身で当時二人はジャズ研に所属していて
(新藤さんはフルート奏者でもあります)
それからの友人とのことで見てるとほんとうに仲がいいです

菊池さんとは私が最後に脱サラして以降4年越しのお付き合いです
ジャズ シャンソン ポップス 歌謡曲などジャンルを問わない活躍で
彼女がいろいろ誘ってくれたお陰で様々な人と音楽に出会うことができました
彼女自身はジャズピアノを元岡一英氏に師事 
楽器を鳴らしきる あたかも重戦車が突進する(?)ようなプレイが魅力です
一時は かみさんといる時間よりも菊池くんといる方が長いかも というくらい
共演していただけに 気心の知れた信頼できるピアニストです

新藤さんとは菊池さんの紹介で1年位前に出会いました
昨年の秋に初めてライブポスター制作をお願いしたところ
さらっと想像以上の作品を仕上げてくれました

b0167999_2145059.jpg


それ以来そのセンスに惚れ込んでポスターや名刺 Super Racer Trioのブログの
デザイン等をお願いしています

彼女はいろいろなミュージシャンのフライヤーデザイン等も手がけています
もし何か広告等お考えの方がいらっしゃいましたら
ぜひ一度 新藤さんに相談されることをお薦めします
こちらのホームページからアクセスできます


また 菊池さんとは今月共演予定があるので近々お知らせします



このような「ランチ会」をやってみると 普段はライブ会場とかでしか会えず 
あまりゆっくり話す機会もないメンバーがリラックスして会話を楽しめる 
こういう時間の大切さを痛感します


次回の「ランチ会」はベランダの朝顔が咲く頃 ソーメンでも囲みましょうか
# by tadabass | 2009-07-01 04:05 | 日常 | Comments(5)

6月29日(月) 矢舟テツローバンドで吉祥寺スターパインズカフェでのライブでした

このライブハウスは優れたハコを擁する曼荼羅系列店の中でも
王者の風格を備えたところです
ここの音響や照明は演奏者にとっても あまりに気持ちよすぎてびっくりしてしまいます

そんな中で今回は4組のアーティストが出演しました
残念ながら最初の方は拝見できませんでした
次の方が女性のピアノ弾き語り『クサノヒロミ』さん
ルックスも歌もとてもキュートで見入ってしまいました 
兵庫県のご出身だそうで
先日ご一緒した『コトリ木』さんも加古川なので兵庫県はすごいですね
3番手が『土佐拓也』さん うたがものすごく上手かったです
曲調も渋く切なくギターの弾き語りで 空間に絵を描くように表現されていました

そしてトリが『矢舟テツローバンド』
なんだか久しぶりのバンド編成 ポップな新曲(前日に仕上がったとか)も初披露しました
お客さんも残って頂いてあたたかいムードの中 楽しく演奏できました
聴いてくださったみなさん ありがとうございました!

終演後の1枚 
b0167999_1152694.jpg

左から私、矢舟テツロー(vocal&piano)、柿澤龍介(drums)、村松トマ(guitar&chorus)

撮影は津田真さん いい写真をありがとうございます!




じつは今回 お客さんにも私のブログに登場して頂きます!(ご本人了承済みです)

b0167999_1321959.jpg


左から 津田真(まこと)さん、柏紗矢香さん
矢舟くんのライブによく足を運んでくださる方々です
お二方ともカバンに必ず本が複数冊入っているという文学好きとのこと
谷川俊太郎の詩集に関する津田さんの思い入れがおかしかった
機会があったらご本人に聞いてみてください
(津田さんはご自身のブログで音楽を熱く語られていますのでぜひご覧ください)
おかげさまで楽しいひとときを過ごせました
いつもありがとうございます
またお会いしましょう! 
# by tadabass | 2009-06-30 02:47 | 音楽 | Comments(0)

ニコンF


ブログの写真アップ用にいいデジタルカメラが欲しい今日この頃ですが
我が家にあるカメラは携帯のカメラ以外は全てフィルムカメラです

その中でも大切な写真を撮るときはこのカメラを使います
b0167999_12272751.jpg

ニコン初の 一眼レフカメラ 『F』
その性能と頑丈さが世界の報道・従軍カメラマンから認められ
made in JAPANの精密機器の評価を大きく上げるさきがけとなったカメラです

それ以降 F2 F3 F4 F5 F6までFの「1桁」シリーズは
銀塩一眼レフカメラの最上級機種として
ニコンのプライドを賭けて製造されてきました

このシリーズのカメラにはそれぞれ数多くの神話や伝説が存在します
本当に多くの人に信頼され愛され憧れられたカメラ達なのです

私が印象深い神話は1991年の雲仙普賢岳の火砕流による災害の時
現場の報道カメラマンが命をかけて守ったニコンF4の話です
彼の胸にかばうように抱き守られたF4 
カメラは熱風に耐え その死の寸前まで撮り続けたフィルムも無事だった・・・

その新聞記事は鮮明に覚えていて そのカメラマンスピリットに涙が止まりませんでした

 
そんな伝説のカメラの元祖『F』 
我が家の『F』は実は友人の叔父にあたる方(映像の仕事をされていた)の形見です
使わないと機械はだめになってしまうので 使うようでしたら使ってください
ということでお借りしているものです

ピントはもちろん手動 露出計もついてないので
絞りやシャッタースピードも全て撮影者が決めなければなりません
今のカメラはこれらのことは全部カメラがやってくれますが
写真というのは自分の意思と偶然が生むところに魅力があると思うので
アマチュアカメラマンの私としては この手間が楽しいのです

そしてやはり道具としての無駄のない魅力も捨てがたいです
ボディデザインの直線を多用した美しさ 機械式シャッター音の気持ちよさ
手にした時のずっしりとして 少しひんやりした金属ボディーの質感

b0167999_13381215.jpg


オーバーホールにも出して まだまだ現役です
# by tadabass | 2009-06-28 13:50 | 日常 | Comments(0)

金曜の夜は更けて


26日の代々木What'sのライブ お客さんひとりでした!

まあそういう日もあります

来て頂いた方(女性Hさん)ありがとうございました!

ある意味ミュージシャンをひとりじめできて贅沢だわ 

と思って頂けたら幸いです

しっとりとしたラブバラード中心に演奏しました

その後はギターの清田くんとお客さんと3人で飲み会

隠れ家的バーでおいしいお酒を味わいながらまったりしたのでした



さて今度の月曜と水曜にもおすすめライブがあります

6月29日(月)吉祥寺スターパインズカフェ
「矢舟テツロー(vocal&piano)バンド」
詳細は彼のブログをチェックしてみてください!


7月1日(水)代々木ARTICA(アルティカ)
「Super Racer Trio」
村松トマ(guitar&vocal)
森永哲則(drums)
多田和弘(bass)
20:00~  21:30~
チャージ¥2000

蒸し暑さを吹き飛ばすライブをします

みなさんお待ちしています!!
# by tadabass | 2009-06-27 23:59 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)

金曜日の夜はしっとりと


代々木駅から徒歩5分のところにある ミュージシャン藤田明夫氏のお店で
隠れ家的なライブバー『What's』
b0167999_12503522.jpg


ギタリスト清田晃弘氏とジャズスタンダードをデュオで演奏します
ゆっくりまったりできるお店なのでお気軽に遊びにいらしてください
遅くまでやっているお店なので終電逃した方にも 
または朝まで飲みたい方にもおすすめです!

6月26日(金)
代々木What's

20:00〜
チャージ:¥2000
清田晃弘(guitar)&多田和弘(bass)
# by tadabass | 2009-06-25 12:51 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)

6月24日(水) 堂園芳子(vo)の赤坂SALAでのライブでした

お越し頂いたみなさん ありがとうございました!

今回のメンバーは山内雄介(guitar) 高木克明(sax) 私(bass)

例えて言うなら現代版 『奇面組』 という感じのメンバーで

何が起こるか 私自身楽しみにしていたライブでした

フタを開けてみると やはり漫才になってました

相当うっとうしいキャラの高木さんのつっこみを

堂園さんが気持ち悪がりながらも やさしく拾うという黄金のパターン

もっとも気持ち悪かったのは 堂園さんが高木さんに

「ここから先には入って来ないでください」とステージに線を引くふりをしたら

いじめられるのが好きな高木さんは大喜びで

遠くからテナーサックスを釣竿のよう伸ばして堂園さんにちょっかいを出していました

その動作をことあるごとに繰り返していましたが 

本当にしつこくて初めて見られた方は引かれたと思います

すみません 彼の芸風なのでお許しください

堂園さん 今度高木さんと共演する機会があったら

ぜひ蹴りを入れてあげて下さい よろこびますので



さて演奏の方はドラムレスのアコースティックなセットなので

堂園さんの歌への思いが鮮明に伝わってグッと来ました

彼女はジャズだけでなくオールディーズも歌うのですが

今回は 「You Belong To Me」 を披露 切なくていい曲でした


山内(やまのうち)くんの見かけによらない(?)繊細で美しいギターと

高木さんのねっとりとしたテナーのバランスもおもしろかったです



今回はベーシストの村井俊夫氏が遊びにいらしてくださいました

村井さんとは初めてお会いしたのですが

以前から私の周りのミュージシャンたちからもいい評判をたくさん耳にしていて

いつかお会いしたいと思っていた方でした

評判に違わず 落ち着いたやさしさと厳しさを兼ね備えたお人柄で

存在感のある まさに『兄貴』という方でした

村井さん ありがとうございました 今度は必ず私からライブに伺わせていただきます!


ライブ後の店内にて(撮影はSALAの中澤雅美さん ありがとうございました!)
b0167999_11187.jpg


左から山内くん、私、村井さん、高木さん、堂園さん、堂園さんのお友達の憂子さん



SALAの中澤さんは長野の杜氏の娘さんなので 

お店では珍しくて美味しい日本酒が味わえます!
# by tadabass | 2009-06-25 11:43 | 音楽 | Comments(4)

アメリカからの貴公子


Super Racer Trioの外苑前Z.imagineでのライブ

お越しくださったみなさん ありがとうございました!

今回はミュージシャンのお客さんが多く 

飛び入りで二人のピアニストに参加して頂きました

まずセカンドセットの中盤でJacob Koller(ジェイコブ・コーラー)さんに2曲

ジャズスタンダードの「There is no greater love」 と

ジョビンの名曲「Chega de saudade」

キース・ジャレットがフェイバリットというコーラーさん

メロディーをキースばりに口ずさみながら 美しいフレーズを次々つむいでいく

これはゲイリー・ピーコックばりのインタープレイでお返ししたいと思うのですが出来ない私

もっと練習しなくては・・・


もうひとかた 石川剛(つよし)くん

彼とは何度も共演していまして 美しいタッチと躍動感がマッチしたプレイが大好きです

今日は一緒に「サニー」をファンクアレンジで楽しみました


スーパーレーサートリオにピアノが入ったのは今回が初めてです 

とてもカラフルな演奏になって楽しかった

いつもストイックにギタートリオのシンプルな魅力を追求しているので

カルテットの音の厚みは刺激的でした

また こういう機会をつくってみますね


お二人は どうもありがとうございました!

お客さんも喜んでくださったことと思います

そしてジマジンの渡辺さん いつもありがとうございます!


ライブ終了後 店内にて
b0167999_4123238.jpg

左から森永哲則(drums)、Jacob Koller(piano)、村松トマ(guitar&vocal)、私(bass)

刺激的な夜でした  もっといい演奏が出来るようになりたい!
# by tadabass | 2009-06-24 04:32 | Super Racer Trio | Comments(0)

外苑前で会いましょう


本日23日はSuper Racer Trioのライブが

外苑前Z.imagine(ジマジン)で行われます

live time 20:00~ 21:00~  

music charge ¥2000(1ドリンク込み)


お客さんの少ないことが予想されます

なのでゆったりと楽しめると思います

みなさんぜひぜひ遊びにいらしてください!!


昨日のセッションで知り合ったアメリカ人の美しい青年ピアニストが

遊びに来てくれるかも  すごいですよ 

お楽しみに!
# by tadabass | 2009-06-23 03:06 | Super Racer Trio | Comments(2)

月曜日のセッション


6月22日(月) 大久保にある ライブハウス&カフェ 「ドルチェ・ビータ」

毎週月曜にジャズのジャムセッションが開催されています

私は最終月曜日担当の田中裕一くんがリーダーのホストバンドをさせてもらっています

今日はギターの方が多数いらっしゃったが 本当にそれぞれ個性があって面白かったです


今日はホストドラマー二本松義史くんの古い知り合いということで

今をときめくオルガニストの西川直人さんが遊びに来てくれました 

実は西川さんとは私も5年くらい前に友人のドラマーtowadaくんのバンド

「Jill-Decoy association」のリハーサルでご一緒したことがあり 

若いのにずいぶんかっこいいプレイをするひとだなあと思っていたら

あれよという間に超売れっ子になってしまいました

共演できて光栄でした (かなり緊張してしまいました)


セッション終了後の一枚
b0167999_2163029.jpg

左から西川直人(今日はピアノ)、私、二本松義史(ドラム)、田中裕一(ギター) 

この後このメンバープラス タップの藍子さんと近くの韓国居酒屋で打ち上げ

楽しいひとときを過ごしたのでした


今日来て頂いたみなさんありがとうございました!



毎月恒例のセッションで来月は27日(月)です

見に来るだけでも楽しいと思いますよ 見学はチャージがかかりませんので ぜひ!




 
# by tadabass | 2009-06-23 02:34 | 音楽 | Comments(0)

6月21日(日) 「矢舟テツロー/コトリ木」 西荻窪サンジャックにてライブでした

昼間のライブでしたが こちらも大盛況でした

とはいってもほとんどの人がコトリ木さんのお客さんでしたけど

中には矢舟くんのブログを見て初めて来てくれた方もいて

やっぱり そういうのはうれしいですね


サンジャックは初めて演奏したのですが 木製のステージのせいか

ウッドベースがとても気持ちよく響いて驚きました

ピアノもベースも生音でしたが自然なあたたかい音に包まれる感じでした


「コトリ木」さんと顔を合わせるのは2回目ですが 

初回から すっかりうちとけて今回の企画に呼んで頂きました 

今日のライブでも そのお人柄同様

ほっとするようなやさしい美声で これまたふんわりしたオリジナル曲を聴かせてくれました

そしてお客さんを巻き込んでのコーラスコーナー(これを楽しみにしているファンが多そう)

みんなで大合唱  みんなでうたえば恥ずかしくないのです  

みんなでうたうことの楽しさを味わった二日間でした


コトリ木のボーカル藤木さんがMCで 「矢舟さんがかっこいい!」 を連発してまして

その後の出番だった矢舟くんの歌が少し艶っぽく聴こえたのは 私だけではないはずです

コトリ木さんのお客さん達も最後まで聴いてくれてうれしかったです


ライブ後の1枚 (撮影は津田真さん いつもありがとうございます)
b0167999_0232226.jpg

写真左から私  佐伯晴子さん(ピアノ&コーラス)  矢舟テツロー(ボーカル&ピアノ) 
そして藤木信希(しの)さん(ボーカル&ギター&ウクレレ)

ミュージシャンというよりはお笑いの人達といった方がしっくりくるような写真ですね


雨の中 足を運んで下さったみなさん ありがとうございました!
# by tadabass | 2009-06-22 01:17 | 音楽 | Comments(4)

土曜 日曜と楽しいライブでした

6月19日(土) 「久住昌之&ブルーヒップ&GOCCI」 の 武蔵関ジーンズキッチン

京都からGOCCIが来てうたう 年一回のイベントなので

GOCCIファンが本当にこの日を楽しみにしているのがひしひしと伝わってきました

GOCCIのMCや歌にバンバン反応する男性陣 最高でした! 

『キョウト・ド・シャブリ』 『手拭い』 といった名曲のオンパレード

アコースティックな演奏にGOCCIの良くとおる歌声が店内に響き

共演している私も鳥肌ものでした



ライブ風景です
b0167999_18513616.jpg

左からカタラオコウジ(Cajon)、 栗木健(Percussions)、 Shake(Keyboards) 、 私(Bass)
久住昌之(Vocal,Guitar,Uclele) 、 GOCCI(Vocal)


久住さんのアルバムに入っている曲は 自然と大合唱になりました

みんな覚えてるんですね お客さん凄し!

白眉は『Weekend Harvest』 で合唱のかけ合いがあり

みんな大声で好きなようにハモっている これは感動的でした

久住さんも これをレコーディングしたかったとMCするほどでした



ライブ終了後 そのままお店で打ち上げ
b0167999_19261220.jpg

お客さんたちとライブの余韻を楽しみました
左から赤いシャツの帽子の紳士が久住さん 一番奥の眼鏡の方がカタラオさん
チェックの帽子の方がシャケさん そしてGOCCIさんと その隣でやたらうれしそうなのが私です


お店の料理もとても美味しく 地元の人に愛されるのも頷けます

スタッフのみなさん  

大阪から来て爽やかな演奏を聴かせてくれた

アコースティックグループ「Cante」のみなさん(オープニングアクトを務めてくれました)

そして 来て頂いたみなさん  ありがとうございました!
# by tadabass | 2009-06-21 20:07 | 音楽 | Comments(2)

ニュートラルなカフェ


芝浦ふ頭にぽつりと浮かぶカフェ『Super Racer』

b0167999_23462627.jpg


天気予報は雨でしたが 雨は降らず気持ちのいい風が吹いていました

古くからの縁でこちらで演奏させてもらってます

「カフェは人なり」 と私は思うのですがSuper Racerのスタッフの青柳さんと あゆみさんは

サービスがさばさばしていて お客さんに変な気を使わせない

すぐ帰ろうが長居しようがどうぞご自由に というような寛容な雰囲気が漂っています

でも決してほっとかれている訳ではない この感じこそ上質なサービスであると私は思います 

カフェの名店と呼ばれている店 (例えば祖師ヶ谷のムリウイとか) に共通の居心地のよさです

カウンターの中にいるあゆみさんはバイク雑誌にも紹介される看板娘です

「クールビューティー」という表現がぴったりで 出会った当初はちょっとこわく

ああ 今日はよく笑ってくれたなあとか一喜一憂していた気がします (あゆみさん ごめん)

でも いろいろ話すようになるたび本当に気さくでやさしく 

なおかつ自分のスタイルをしっかりもっているお嬢さんだと感じます



そんな魅力たっぷりのSuper Racerで  6月18日Super Racer Trioのジャズライブでした

初めてお会いしたみなさん ありがとうございました!

そして いつも応援してくださっているみなさん

ナスナスさん(と2ひきのこどもたち) 和美さん ミレイさん 高野さん! 

いつも本当にありがとうございます!!



白熱のライブの模様です
b0167999_121652.jpg


b0167999_18476.jpg

( 撮影は和美さん ありがとう!)


楽しい夜でした   次回Super Racerでのライブは7月23日(木)の予定です

また お会いしましょう!
# by tadabass | 2009-06-20 01:35 | Super Racer Trio | Comments(4)

梅雨が明けるまで


直近のスケジュールをお知らせします
みなさん ご都合が合えばぜひ遊びにいらしてください!


6月18日(木) 芝浦『Super Racer』          
         20:00~ 21:00~ 22:00~
         入場無料
         「Super Racer Trio」
          村松トマ(guitar&vocal)
         森永哲則(drums)
         多田和弘(bass)

        *芝浦ふ頭にあるバイカーの集まる有名なカフェでのジャズライブ
         ぜひ一度どうぞ! 無料駐車スペースあり



6月20日(土) 武蔵関『ジーンズキッチン』          
          19:30~ 
          ¥2000(1ドリンク込み) 
          「久住昌之&ブルーヒップ&GOCCI」
          
         *毎年大盛況のイベント 要予約です



6月21日(日) 西荻窪『サンジャック』
          14:00~
          ¥2000
          「矢舟テツロー/コトリ木」
            
          *低音が魅力のボーカルとスィンギーなピアノを聴かせる矢舟くんとのデュオ
          昼間の西荻散策にいらしてください!
            


6月22日(月) 大久保『ドルチェ・ビータ』          
          19:00~22:30
          「ジャムセッション」
       
         *ジャズを演奏したい人が集い いろんな人との演奏を楽しむ場
          田中裕一(guitar)バンドがホストを務めます
          聴くだけの方は入場無料です 



6月23日(火) 外苑前『ジマジン』   
          20:00~ 21:30~           
          ¥2000(1ドリンク込み)
          「Super Racer Trio」
           村松トマ(guitar&vocal)
          森永哲則(drums)
          多田和弘(bass)
 
         *東京メトロ銀座線「外苑前駅」から10秒! 大人なライブバーです
          ぜひお仕事帰りにグラスを傾けながら生演奏をお楽しみください!



6月24日(水) 赤坂『SALA』
          19:30~ 3ステージ
          ¥2000
          「堂園芳子LIVE」
          堂園芳子(vocal) 
          山内雄介(guitar)
          高木克明(sax) 
           多田和弘(bass)

          * このメンバー 何かが起こりそうです  お見逃し無く!



6月26日(金) 代々木『WHAT'S』          
          20:00~
          ¥2000
          「清田晃弘&多田和弘」
          清田晃弘(guitar)
          多田和弘(bass)

           *ミュージシャン藤田明夫氏のお店 バーが充実しており
          お酒の種類も豊富です
          ギターの清田くん(ナイスガイです)とデュオでしっとりとお届けします


6月29日(月) 吉祥寺『スターパインズカフェ』
          18:30オープン
          ¥2300(前売)/¥2600(当日) 
            「矢舟テツロー/他」

         *曼荼羅グループの頂点に君臨するライブハウスにて
          バンドによる出演  他にも何組か出演するのも楽しみです


7月1日(水)  代々木『ARTICA(アルティカ)』          
          20:00~ 21;30~
          ¥2000
          「Super Racer Trio」
           村松トマ(guitar&vocal)
          森永哲則(drums)
          多田和弘(bass)

         *世界のミネラルウォーターが安価で楽しめるwater barです
          料理も美味しく  音響 居心地ともに満足いただけると思います
          今回スーパーレーサートリオ初出演です
          みなさんのご来場お待ちしております!  
# by tadabass | 2009-06-18 11:25 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)

川をながめて


うちの近くを流れる 「善福寺川」  

b0167999_10531235.jpg



住宅街を縫うように流れる川ですが 多くの生物を育んでいます

b0167999_10554678.jpg

こんな立派な緋鯉がいました



b0167999_10564560.jpg

こちらはわかりますかね 鴨の親子です

b0167999_1058123.jpg

とても仲良く愛らしい姿に しばし足を止めて見入る人も多いです 心が和みますね


他にもシラサギなどの野鳥や ザリガニ カメ 夏場にはギンヤンマが観察できます



こんなのどかな善福寺川ですが近年のゲリラ豪雨と呼ばれる集中豪雨により

一瞬でその表情を変えます

水位があっという間に岸近くまで上がり 茶灰色の濁流が何もかも押し流す勢いで

すごいスピードでうねりをあげます  真近で見ると足がすくむ感じがします

2005年に実際に氾濫して床上浸水の被害がでてニュースになりました



善福寺川は身近な小さな川ですが 自然のおもしろさや厳しさといったものを

教えてくれます
# by tadabass | 2009-06-17 11:52 | 日常 | Comments(1)

ガジュマル


今年の四月 まだ桜が満開のころ

地元の音楽仲間数人と私のかみさんとで

北欧の家具や雑貨を扱うショッピングセンターIKEAに行くことにしました 

ひと月も前からみんなで休みを合わせて

楽しみにしていました そしてみんな初IKEAだったのでした

ところがそのメンバーの一人友人Sさんが仕事が入ってしまい来れなくなってしまいました

それは仕方の無いことなのでSさんの分まで楽しもうと

休日のレジャーをしっかり楽しみました

港北にあるIKEAは敷地がとにかく広く 入ったとたんに

途方にくれてしまいました 

だんだんなれてきて 家具とか見るとお洒落な椅子やらベッドが結構安い値段で置いています

新婚さんとか新しい生活が始まる人にもってこいの店だと思いました


店内をながめながら 今日来れなかったSさんにおみやげを買っていこう

と思い立ち さて何がいいかと思案していると

出口の近くにある観葉植物コーナーに目がとまりました

ベンジャミンとかサボテンなどいろいろな種類の鉢植えがありましたが

あるへんてこな小さな鉢植えに私の目は釘付けになりました


b0167999_244678.jpg



「ガジュマル」といって 土の上からショウガというか朝鮮人参みたいなものが突出しており

その頂点に濃いみどり色をした5mmくらいの葉がちょぼちょぼと芽吹いているのが

なんとも言えずかわいい!

初めて見るその姿形に見惚れてしまいました



さて そういえば友人Sさんの部屋のベランダには植物があったな と思い出し

ガジュマルを一鉢おみやげに買って帰ることにしました

ひときわ目を惹くかわいい葉のつき方をしたのがあったので それにしました


帰ってからSさんに電話でその報告をすると

「おぉ ありがとうございます  ガジュマル知ってますよ」 と喜んでくれました

しかしそれ以来 Sさんも忙しくてなかなか会う機会が無く

ガジュマルは我家の玄関で かわいらしくお見送りお出迎えをしてくれています

ほんとうに見飽きることがなく 日光浴させたり 水やりや伸びた枝を剪定したりしているうちに

愛着がわいてしまいました

そんな私を見てかみさんが

「わたしもガジュマルのようにお世話してほしいわ」 とぼやくほどです



Sさん やっぱりガジュマルほしいですよね
# by tadabass | 2009-06-16 01:35 | 日常 | Comments(2)

雨と休日


穏やかな音楽ばかりを集めたCDのセレクトショップ 「雨と休日」

今年の春 西荻窪ににオープンしたばかりのお店ですが

地元の音楽ファンにも好感触のようで お店をのぞくと

たいがいお客さんがいて試聴してたりします

このお店の店長の寺田さんは 最近 長年勤めた会社を退職して

夢だったご自分のお店を開いたのでした



b0167999_161283.jpg

  こちらがお店の正面の様子 小さいお店ですが扉や窓に大きいガラスを使って開放的です




b0167999_1162754.jpg

       店内の様子 パソコンで店内のCDすべてが検索試聴できます


内装は寺田さんがご自分で作ったとのこと 棚や調度品は木製で落ち着いた雰囲気を

醸し出しています

そして ほのかに香る 木の匂いが来店した人を癒します




b0167999_1262449.jpg

       こちらが寺田さん 音楽の造詣が深く温厚なお人柄です 
           

扱っているCDのラインナップはアコースティックなジャズやラテンなど

寺田さんが自信を持っておすすめする気持ちのいい安らげる作品ばかり

しかもマニアック過ぎず且つメジャー過ぎないという絶妙なセレクトだと思います

音楽好きな人が純粋に好きなものを紹介していく いいものをみんなに伝えたい

というやさしさが溢れています


b0167999_281911.jpg

        今回購入した1枚 ビヴァリー・ケニーのSings for Playboys
       
まさに雨の休日に家で聴くのに最適なジャズボーカルでした おすすめです!




もし みなさんも西荻窪にお立ち寄りの際は 「雨と休日」 ぜひのぞいてみてください!
# by tadabass | 2009-06-14 02:52 | 音楽 | Comments(0)

S・R・T


私がバンマスをしているバンド 「Super Racer Trio」

略して 「S・R・T」  

メンバーは 村松トマ(guitar&vocal)  森永哲則(drums) と私(bass)の3人です

6月は2本ライブがあります



6月18日(木) Motorist Cafe Super Racer
20:00~ 21:00~ 22:00~
入場無料


6月23日(火) 外苑前ジマジン
20:00~ 21:30~
チャージ¥2000(1ドリンク込み)



23日の外苑前ジマジンのライブはインターネットテレビで無料生中継されます

詳しくは上記お店の名前にリンクしてあるHPをご覧ください

実は前回のライブも中継されていて それを観た人の話だと

ライブの後半 めずらしくギターのトマくんが立ち上がって弾いたのですが

その瞬間から私の姿が画面から消えたそうです

185cm近い長身のトマくんが立ち上がったら 身長167cmの私は

完全に彼の後ろに隠れてしまったようです

1台のカメラで定点撮影しているので そういう場合は為すすべがないのです

なのでみなさん ぜひ会場まで見に来てください!



それからS・R・Tのメンバーのブログがありまして

それぞれの個性が出ていて面白いのでぜひご覧ください

村松トマ(ブログ)    森永哲則(ブログ)
*これらのブログにはS・R・Tのブログからもアクセスできます


この魅力的なメンバーについては 追々ご紹介していきますので

お楽しみに!
# by tadabass | 2009-06-13 00:18 | Super Racer Trio | Comments(0)

漫画家でミュージシャン テレビやラジオでも活躍中の久住昌之氏

今月20日(土) 彼のバンド 「ブルーヒップ」 のメンバーとして共演します

今回は 久住さんのアルバムにも参加し多くの名曲を名曲たらしめた歌姫

GOCCIを京都から迎えて行う年一回のイベントです

このイベント 昨年に引き続き私の参加は2度目です

前回はGOCCIファンが多数集まって異様な熱気に包まれた 

しかし純粋に楽しい夜でした

GOCCIは可愛らしいお嬢さんであるばかりでなく歌声も魅力的です

(安田美沙子が京都弁を話したりするのをイメージしてもらえば近いかも)

男性諸氏には本当に必見のライブと言えましょう

女性のみなさんは久住さんのダンディーかつパワフルな

全力のパフォーマンスをお楽しみに!


多くのお客さんの来場が予想されますので興味がおありの方は

ぜひお店の方に予約をされることをおすすめします


武蔵関ジーンズキッチン


b0167999_2223518.jpg

                久住さんの切り絵による 「ブルーヒップ」
                (ちなみに私が参加する前の作品です)
                  
# by tadabass | 2009-06-12 03:00 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)

予期せぬお客さん


もう10年以上前のことですが 私が運送屋で2tトラックに乗っていたころの話で

印象深い出来事があります 

ある夕暮れ 横浜方面の配達を終えた帰り道 青葉区のとある閑静な街角で

赤信号で止まっていると ふと左から視線を感じました

見ると3メーターほど先の歩道にいる二十歳前くらいの女性二人組みと目が合いました

まったく知らない女性でしたが反射的に私はニコと微笑んでみました

すると二人は顔を見合わせたかと思うと とことことトラックに近寄ってきて

手振りで窓を開けてくれとやりながら頭をさげています

なにごとかと思ってちょっとドキドキしながら助手席のウィンドウを下げて話を聞くと

早口で ここから2キロくらい先の公園まで乗せて欲しいと言う

あまり覚えてないのですが かわいらしい少しヤンキー風な女の子だったと思います

幸い信号待ちの車は私のトラックだけ 

私も帰るだけなので のせてあげることにしました

こんなことはそうそうあることではないので 私は緊張してしまいました

道中 どうでもいいような世間話をぎこちなくして ちょっとどもったりしました

そしてものの5分くらいで目的地に到着し

そのまま彼女たちは丁寧にお礼を言って車を降りました

車内にいい匂いがしばらく残っていたのを覚えています


この話を営業所に帰ってから同僚たちにすると大変うらやましがられました

またなぜ電話番号を聞かなかったのかとか そのままドライブに行けば良かったのに

とか残念がられました

もちろん私だってせっかくだから仲良くなれたらとは思いました

しかしながら 心の準備が全くない状況でなかなかそこまで頭はまわらないものでした

まあ勇気もなかったのでしょう




こういうことって続くんですね

そのあとすぐ 忘れもしません

今度は横浜関内の不老町の交差点で信号待ちをしていた時のこと

そこは繁華街で人通りの多い昼間の交差点です

いきなり助手席のドアが開いて 見知らぬ薄汚れたおじさんが乗り込んできました

おじさんは助手席にちょこんと座り 私の目を哀願するような目でみつめ

「千円! 千円!!」 と繰り返し言いました

私は突然のことにびっくりしてしまい 事態を冷静に理解しようと努めましたが

千円をくれといってるのか それとも千円やるからどこかへ乗せていってくれと言いたいのか

まあどっちにしても理解できないうえに 勝手に他人の車に乗り込んできたおじさんに

腹が立って

「ちょっと なんなんですか 降りてください」 (本当はもっと汚い言葉で言いましたけど)

といいながらおじさんを車外へ押し出しました

すぐ信号が変わりトラックを発進させました

バックミラー越しに おじさんの少し残念そうなたたずまいが目に入りました

私はしばらくの間 興奮して息苦しかったのを覚えています
# by tadabass | 2009-06-11 03:42 | 日常 | Comments(2)

西荻窪にて


6月8日の六本木BOSTON DREAMS

矢舟テツローライブにお越し頂いたみなさん

ありがとうございました!


BOSTON DREAMSは初めてのお店でしたが

演奏する側もお客さんもくつろいだ気分で楽しめるような

落ち着きと品のある店内のつくりをしていました

お客さんに聞くと 料理や飲物もリーズナブルで美味しかったそうです


演奏は普段あまりやらないようなジャズナンバーを含め

矢舟くんの魅力があますことなく伝わるバラエティーに富んだ内容でした

デュオの演奏でしたが ノリのいいお客さんのおかげで

ずいぶんホットな演奏になりました 

(ハンサムなライター中林さんとお友達のみなさん ほんとうにいつもありがとうございます)


矢舟くんとは6月21日(日)にも再びデュオで共演します

場所は西荻窪のサンジャックというレストラン&ライブバーです

JR中央線の西荻窪は新宿から16分程 吉祥寺の隣の駅です

私は西荻窪に10年以上住んでいますが

のんびりした町で こだわりの店もたくさんあります

ぜひ お散歩がてら遊びにいらしてください!

以前 池ノ上ルイナでご一緒した 「コトリ木」 さんの企画で

昼間のライブです


6/21(日) なごみ系音楽会vol.6
コトリ木/矢舟テツロー

*昼公演
  コトリ木 藤木信希 vo.gui.ウクレレ 佐伯晴子 pf.コーラス
  矢舟テツロー vo.pf. 多田和弘 bass.
 13:30open 14:00start charge ¥2,000-+1drink order 
# by tadabass | 2009-06-10 14:22 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)