Tada Kazuhiro Online tadabass.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ベーシスト多田和弘のスケジュールなど


by tadabass
プロフィールを見る
画像一覧

S・R・T


私がバンマスをしているバンド 「Super Racer Trio」

略して 「S・R・T」  

メンバーは 村松トマ(guitar&vocal)  森永哲則(drums) と私(bass)の3人です

6月は2本ライブがあります



6月18日(木) Motorist Cafe Super Racer
20:00~ 21:00~ 22:00~
入場無料


6月23日(火) 外苑前ジマジン
20:00~ 21:30~
チャージ¥2000(1ドリンク込み)



23日の外苑前ジマジンのライブはインターネットテレビで無料生中継されます

詳しくは上記お店の名前にリンクしてあるHPをご覧ください

実は前回のライブも中継されていて それを観た人の話だと

ライブの後半 めずらしくギターのトマくんが立ち上がって弾いたのですが

その瞬間から私の姿が画面から消えたそうです

185cm近い長身のトマくんが立ち上がったら 身長167cmの私は

完全に彼の後ろに隠れてしまったようです

1台のカメラで定点撮影しているので そういう場合は為すすべがないのです

なのでみなさん ぜひ会場まで見に来てください!



それからS・R・Tのメンバーのブログがありまして

それぞれの個性が出ていて面白いのでぜひご覧ください

村松トマ(ブログ)    森永哲則(ブログ)
*これらのブログにはS・R・Tのブログからもアクセスできます


この魅力的なメンバーについては 追々ご紹介していきますので

お楽しみに!
[PR]
# by tadabass | 2009-06-13 00:18 | Super Racer Trio | Comments(0)

漫画家でミュージシャン テレビやラジオでも活躍中の久住昌之氏

今月20日(土) 彼のバンド 「ブルーヒップ」 のメンバーとして共演します

今回は 久住さんのアルバムにも参加し多くの名曲を名曲たらしめた歌姫

GOCCIを京都から迎えて行う年一回のイベントです

このイベント 昨年に引き続き私の参加は2度目です

前回はGOCCIファンが多数集まって異様な熱気に包まれた 

しかし純粋に楽しい夜でした

GOCCIは可愛らしいお嬢さんであるばかりでなく歌声も魅力的です

(安田美沙子が京都弁を話したりするのをイメージしてもらえば近いかも)

男性諸氏には本当に必見のライブと言えましょう

女性のみなさんは久住さんのダンディーかつパワフルな

全力のパフォーマンスをお楽しみに!


多くのお客さんの来場が予想されますので興味がおありの方は

ぜひお店の方に予約をされることをおすすめします


武蔵関ジーンズキッチン


b0167999_2223518.jpg

                久住さんの切り絵による 「ブルーヒップ」
                (ちなみに私が参加する前の作品です)
                  
[PR]
# by tadabass | 2009-06-12 03:00 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)

予期せぬお客さん


もう10年以上前のことですが 私が運送屋で2tトラックに乗っていたころの話で

印象深い出来事があります 

ある夕暮れ 横浜方面の配達を終えた帰り道 青葉区のとある閑静な街角で

赤信号で止まっていると ふと左から視線を感じました

見ると3メーターほど先の歩道にいる二十歳前くらいの女性二人組みと目が合いました

まったく知らない女性でしたが反射的に私はニコと微笑んでみました

すると二人は顔を見合わせたかと思うと とことことトラックに近寄ってきて

手振りで窓を開けてくれとやりながら頭をさげています

なにごとかと思ってちょっとドキドキしながら助手席のウィンドウを下げて話を聞くと

早口で ここから2キロくらい先の公園まで乗せて欲しいと言う

あまり覚えてないのですが かわいらしい少しヤンキー風な女の子だったと思います

幸い信号待ちの車は私のトラックだけ 

私も帰るだけなので のせてあげることにしました

こんなことはそうそうあることではないので 私は緊張してしまいました

道中 どうでもいいような世間話をぎこちなくして ちょっとどもったりしました

そしてものの5分くらいで目的地に到着し

そのまま彼女たちは丁寧にお礼を言って車を降りました

車内にいい匂いがしばらく残っていたのを覚えています


この話を営業所に帰ってから同僚たちにすると大変うらやましがられました

またなぜ電話番号を聞かなかったのかとか そのままドライブに行けば良かったのに

とか残念がられました

もちろん私だってせっかくだから仲良くなれたらとは思いました

しかしながら 心の準備が全くない状況でなかなかそこまで頭はまわらないものでした

まあ勇気もなかったのでしょう




こういうことって続くんですね

そのあとすぐ 忘れもしません

今度は横浜関内の不老町の交差点で信号待ちをしていた時のこと

そこは繁華街で人通りの多い昼間の交差点です

いきなり助手席のドアが開いて 見知らぬ薄汚れたおじさんが乗り込んできました

おじさんは助手席にちょこんと座り 私の目を哀願するような目でみつめ

「千円! 千円!!」 と繰り返し言いました

私は突然のことにびっくりしてしまい 事態を冷静に理解しようと努めましたが

千円をくれといってるのか それとも千円やるからどこかへ乗せていってくれと言いたいのか

まあどっちにしても理解できないうえに 勝手に他人の車に乗り込んできたおじさんに

腹が立って

「ちょっと なんなんですか 降りてください」 (本当はもっと汚い言葉で言いましたけど)

といいながらおじさんを車外へ押し出しました

すぐ信号が変わりトラックを発進させました

バックミラー越しに おじさんの少し残念そうなたたずまいが目に入りました

私はしばらくの間 興奮して息苦しかったのを覚えています
[PR]
# by tadabass | 2009-06-11 03:42 | 日常 | Comments(2)

西荻窪にて


6月8日の六本木BOSTON DREAMS

矢舟テツローライブにお越し頂いたみなさん

ありがとうございました!


BOSTON DREAMSは初めてのお店でしたが

演奏する側もお客さんもくつろいだ気分で楽しめるような

落ち着きと品のある店内のつくりをしていました

お客さんに聞くと 料理や飲物もリーズナブルで美味しかったそうです


演奏は普段あまりやらないようなジャズナンバーを含め

矢舟くんの魅力があますことなく伝わるバラエティーに富んだ内容でした

デュオの演奏でしたが ノリのいいお客さんのおかげで

ずいぶんホットな演奏になりました 

(ハンサムなライター中林さんとお友達のみなさん ほんとうにいつもありがとうございます)


矢舟くんとは6月21日(日)にも再びデュオで共演します

場所は西荻窪のサンジャックというレストラン&ライブバーです

JR中央線の西荻窪は新宿から16分程 吉祥寺の隣の駅です

私は西荻窪に10年以上住んでいますが

のんびりした町で こだわりの店もたくさんあります

ぜひ お散歩がてら遊びにいらしてください!

以前 池ノ上ルイナでご一緒した 「コトリ木」 さんの企画で

昼間のライブです


6/21(日) なごみ系音楽会vol.6
コトリ木/矢舟テツロー

*昼公演
  コトリ木 藤木信希 vo.gui.ウクレレ 佐伯晴子 pf.コーラス
  矢舟テツロー vo.pf. 多田和弘 bass.
 13:30open 14:00start charge ¥2,000-+1drink order 
[PR]
# by tadabass | 2009-06-10 14:22 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)

矢舟テツロー(piano&vocal)と私 多田和弘(bass)のデュオのライブです

彼のオリジナル曲とジャズスタンダードをお届けします

とくに彼のオリジナルはデュオの演奏だと そのエッセンスが明確に伝わってくると思うので

他には無い「矢舟ワールド」を味わうにはおすすめのライブです!


6月8日(月)
BOSTON DREAMS

20:00〜23:00 (3ステージ)
チャージ:¥3000
[PR]
# by tadabass | 2009-06-07 21:15 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)

あるいは 好きだから


人として生活している以上
時として ひとづきあいで不愉快が生じることがあります

私の場合 相手に対して
「小さいな」 とか 「立場の弱いものに対してえらそうだな」
「ありえない 筋の通らないことをしているな」
とか感じてしまうとがっかりしてしまいます
(それはもしかしたら自分の弱いところを相手に発見してしまうからかもしれませんが)

そんなときでも私はどちらかというと世渡りの上手いほうだと思うので
そういう想いを押し込めて相手の良い面に目を向けようとします
ただそういう行為はストレスを生む場合もあります

残念ながら 反目しあってまったく相容れないという関係に発展してしまうこともあるでしょう

不仲な者が同じ職場だった場合 あるいは恋人や家族など縁の身近で深い人と
不愉快な関係になった場合は深刻です  



志賀直哉に 『和解』 という 作者の父との永年にわたる不和とその解消を題材にした私小説
があります

不仲からくる主人公のいらだちの描写がすごく  妻にやつあたりの暴言を何度も吐くのですが
現代なら 即離婚ものです

父子の不仲による影響は周りの家族や親戚 友人らをまきこんで
どうしようもない閉塞感が漂います

事態は最終的に嘘のように 「和解」 が訪れ救われます
それは誰よりも本人たちが望んでいたことでした

もちろんそこに至るファクターが小説的におもしろく描かれていて
さすが 「小説の神様」 と呼ばれる文豪の作品です


この小説 実はこの間 古本屋で購入し初めて読みました
志賀直哉の作品は学生時代 『城の崎にて』 とか読みましたが
いまひとつ印象に残っていません

たぶん10代の私が 『和解』 を読んでも面白くなかったと思います


この作品から学べる 「和解」 への流れは

まず対話の場をつくり思うことを主張する
(これができたら50%以上 和解できる気がします)

お互いに相手をゆるし 自分に非があると思われる場合は素直に謝る
(わだかまりが根深い場合 そう簡単にできるものではないとは思いますが)


そして時間が解決する部分もあるのでしょう
[PR]
# by tadabass | 2009-06-06 03:15 | 日常 | Comments(0)


お!  きれいな水色だなあ

ああ マーチか



最近 街で見かけた一台の車に目を惹きつけられた

水色のマーチである

マーチは日産のコンパクトカーの人気モデル

ここ数年 ひげをはやした甲虫のような

愛嬌のある顔をしている

全体的にまるみを帯びたスタイルで

うしろから眺めてもなかなか洗練されていると思う


その車が  「みずいろって言ったらこんな色だよなあ」

というような潔い水色をまとって目の前に現れたので

ハッとしてしまった

むかしよく見かけたVWビートルにこんな色があったっけ

(マーチの方がもっと明るい色味ですが)


webのカタログによるとその色は 「チャイナブルー」 といって

2005年からラインナップされているという


意識して見ると結構街中で走っていることに気づきました

気になって街道では 水色のマーチを探してしまいます


b0167999_1111729.jpg

[PR]
# by tadabass | 2009-06-03 01:26 | 日常 | Comments(0)

先日('09.5.17)代々木ARTICAで行われた

高木克明クインテットのライブ写真です

ARTICAのスタッフ重松隆一さんが撮影したものです

バーカウンターでの仕事の合間にプロのような写真をたくさん撮ってくれました

今回は その一部を紹介します

b0167999_20404528.jpgb0167999_2047503.jpg


              












      高木克明(Sax)                         高澤綾(Tp)




b0167999_2227895.jpg

                     菊池麻由(Piano)




b0167999_213023.jpgb0167999_213335.jpg















       多田和弘(Bass)                      森永哲則(Ds)                   





                     こんな 『手』 のアップも

b0167999_21215517.jpg


b0167999_21262485.jpg


                    なかなかセクシーですね




b0167999_22591062.jpg

               
               重松さん どうもありがとうございました  






  
[PR]
# by tadabass | 2009-05-29 22:32 | 音楽 | Comments(0)

うどんとジャズ


久住さんのライブ 来て頂いた方々ありがとうございました

個性的なお弟子さん達の作品と人となりに触れることができ

とても楽しかったです

はじめて共演したcossamiのお二人 たいへんキュートな上

歌 ギターともに上品で味わい深かったです

久住さんとのコーラスもばっちりで

さすが久住ファンを公言するお二人だけのことはあります

その後の打ち上げでは意外にも(?)愉快なネタを披露して

場を沸かせていました

久住さんのブログにもライブの写真などがアップされています




5月28日(木) 新宿歌舞伎町の『つるとんたん』という

うどん屋さんで矢舟テツロー(piano&vocal)と共演します

ミュージックチャージ無しで おいしいうどんを食べながら

生演奏を楽しめるという贅沢なお店です

ただいつも行列していて入店までに平均30分はかかります

そしてぜひ受付のスタッフに

「音楽を聴きに来たので前の方の席にしてもらえますか?」

と声を掛けて頂きたい

そうするとものすごく優遇され(ることもあり)ます

ライブは20:00~ 21:30~ 23:00~

各ステージ20分くらいです
[PR]
# by tadabass | 2009-05-28 02:07 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)

久住昌之と弟子展


5月26日(火) 久住さんと久しぶりの共演です

久住さんとお弟子さん達による展覧会ということで

様々なアーティストのコラボがきっと刺激的に 

且つ温かい雰囲気の中 展開されることでしょう


そのオープニングパーティーでのライブです

今回はcossamiさんという天使のようなハーモニーを

聴かせる女性デュオを迎えて

たぶん へんちくりんな曲を交えて演奏します


何の予備知識もなく ぷらっと寄って頂いた方にも

楽しんで頂けると思いますので

ぜひ遊びにいらしてください


久住昌之と弟子展
5月26日(火)~31日(日)
The Artcomplex Center of Tokyo



5月26日(火)
19:00~  charge¥1500
Opening party & mini live

久住昌之&cossami
[PR]
# by tadabass | 2009-05-24 06:21 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)

古きよき


タバコをやめて10年経ちました
やめる前までは結構ひどい吸い方をしていましたが
ほんとうにもうきっぱりやめました (結構最近までタバコを吸う夢を見てましたが)

このあいだ知人が吸っているタバコ(LARK)のパッケージを見てびっくりしました
デザインが近代的というか安っぽくなっているのです 
そのうえ健康に対しての警告が半分くらいに書いてあるのです

これはかっこ悪いではないですか
味にもきっと影響するのではないだろうか

私は学生時代かっこをつけてキャメルのフィルターを吸っていた
ラクダのデザインの黄色いパッケージに水色の紙ぶたのコントラストが
きれいで大好きだったのだ
そして封を開けたときにほんのり香る独特な甘くやさしい香り
だがその味はすこしくせのある荒涼感を感じるような味わい
まさにパッケージの砂漠のイメージそのものだったような記憶があります

懐かしくなってネットでキャメルを検索したところ
なんとずいぶん前にアメリカ生産は打ち切られ
日本人向けの味に変えた国産になっているという

もうあの味は吸えないのか・・・

いや もはやタバコは吸わないと思いますが
あのデザイン あの味がこの世に存在しないと思うと
一抹の寂しさを覚えます



同じように あれ最近見ないなあ というものに
ケロッグのシュガーポンがあります
あれ子供の頃すきだったなあ
[PR]
# by tadabass | 2009-05-23 03:31 | 日常 | Comments(0)

モテメガネ


先日の代々木ARTICAの高木克明クインテット
来て下さったみなさん ありがとうございました!

リハの時から高木さんのテンションは高く 
トランペットの綾ちゃんがときどき悲鳴をあげる程でした
この二人の掛け合いが非常におもしろく 本番でも夫婦漫才を見ているようでした
演目は綾ちゃんのオリジナル(途中凝ったキメや7拍子の箇所がある難曲ですがかっこいい名曲です)
フレディー・ハバードやリッチー・コールのファンキーなナンバーなど
綾ちゃんと高木さんの好みで選曲しました  
このメンバーでのライブは2回目なので息もずいぶん合ってきました

綾ちゃんは来月から三ヶ月アメリカへ武者修行に行くそうで今回は壮行会を兼ねたライブでした
帰国後の9月に再び同じメンバーでライブする予定です


話はかわりまして
じつは私 メガネを替えて1ヶ月半くらいたつのですが 
今までそのことに気づいたのが今回のピアニスト菊池麻由ちゃんと
同じくピアニストの矢舟テツローくんと いつもお世話になっている美容師さん(女性)のみ

トマくんなどは 比較的顔を合わせる機会が多いにも関わらず
メガネを替えたといっても まったくどこが変わったのかわからないと驚いていた

たしかにメガネを替えたといっても同じブランドで形はほぼ同じ 色が黒ぶちから茶系に
変わったくらいで 細かな意匠の違いはあるが ふつうは気がつかないとは思います

私が愛用しているメガネは吉祥寺パルコのPORKER FACEで購入したJAPONISMという
ブランドのものです デザインのスマートさもさることながら鼻あてがしっかりしていて
私のような低い鼻でも掛け心地が良いのが気に入っています
このあいだ送られてきた店の広告にはJAPONISMが 「モテメガネ」 と紹介されてました
やっぱりね(?)

でもまあ こういった変化に気がついてもらえるのはうれしいものです
私もよく身近な女性の髪形の変化に気がついたらひとこと言うようにしています
でもたまに 「お 髪切りましたね」と言ったら
「1ヶ月前ですよ それにこの間会ったじゃないですか」
というような最低な結果になることもありましたので
やはり記憶力は大切なようです
[PR]
# by tadabass | 2009-05-21 06:21 | 日常 | Comments(2)

おいしい水


先日はSuper Racerでのスーパーレーサートリオのライブでした

大勢のお客さんが来て下さり大盛況でした

やはり 「お客さんがライブをつくる」 といった面もありまして

もちろん たとえお客さんが一人だったとしても心を込めて演奏しますが

大勢の聴衆が発するエネルギーというのはすごいものがあり

こちらもそれに応えるようにエネルギーを発揮するので相乗効果で

ホットな場が生まれます


そんな雰囲気満点のSuper Racerでスタッフの青柳さんのバースデー(イブ)を

みんなでお祝いしました ケーキのロウソクが消えたところで

私からフォークギターで歌のプレゼントをさせてもらいました

さだまさしさんの 『Happy Birthday』

歌詞がいいのです

人前で弾き語りをするのは 友達の結婚式以来10年ぶりくらいです

ひさびさにギターの練習をして楽しかった

あたたかい拍手をいただいて

私の方も幸せな気持ちにさせてもらいました

みなさん ありがとうございました




さて5月17日(日) 高木克明(Sax)と高澤綾(Tp)のフロントでクインテットのライブをします

場所は代々木ARTICAというWatar Bar(世界のミネラルウォーターが飲めるそうです)


高木さんとは何度か共演しているのですがキャラクターがおもしろく

そのオジ子供みたいな語り口は すこし暑苦しいのですが 必ず笑えます

演奏も力強いトーンで聴き応え充分です


彼とこの間あるイベントで共演したときのこと

満員の会場でさんざん吹きまくって喝采を浴びていたのにもかかわらず

演奏後その185cmの巨躯を小さくして 「みんなに楽しんでもらえただろうか」

としょげているのをみて いいひとだなあと思いました



メンバーも仲のいいミュージシャンたちで楽しいライブになりそうです

高木克明クインテット
代々木ARTICA(アルティカ)  5月17日(日)

19:30~、21:00~
チャージ¥1500

高木克明(sax)
高澤綾(tp)
菊池麻由(pf)
多田和弘(b)
森永哲則(ds)
[PR]
# by tadabass | 2009-05-16 09:19 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)

HAPPY BIRTHDAY


5月14日(木) スーパーレーサートリオのSuper Racerでのライブです

雰囲気のいいカフェでのスーパーレーサートリオのサウンドをぜひ聴きにいらしてください

そして この翌日は日頃お世話になっているSuper Racerのスタッフ青柳さんの誕生日

バースデーイブを祝って私も歌のプレゼントをしようかと思っています(ギター弾き語りの予定)
[PR]
# by tadabass | 2009-05-14 01:44 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)

CHI‐BA・KUN


友人のデザイナー 新藤真実さん

彼女には今までにライブのフライヤーやポスターの制作をお願いしていて

そのつどポップで雰囲気満点の作品を仕上げてくれました

Super Racer Trioのブログのデザインも彼女の作品です


彼女のホームページに作品の一部が紹介されていますのでぜひご覧ください

HORO DESIGNS

また彼女のイラストがもりだくさんのブログも楽しいです

そのブログで以前 『チーバくん』というマスコットが紹介されていて

詳しくはこちら

来年の千葉国体のマスコットで犬?だと思うのですが横からみると

千葉県の形になっているという凝った意匠

Suicaのペンギンの絵を手がけた作家さんの作品とのこと

私は千葉県出身ということもあり ひと目で気に入ってしまいました

それ以来ずっと気になっていたのですが

あるとき知人が千葉にドライブすると聞いて もし見かけたら買ってきてと

お願いしました

そうしたらわざわざ千葉県庁まで寄って買ってきてくれました

b0167999_1412573.jpg


携帯ストラップですがかわいいです めちゃくちゃうれしいです
[PR]
# by tadabass | 2009-05-12 02:16 | 日常 | Comments(0)

50円玉


わりと人通りの多い道を自転車に乗っていると 50円玉が落ちているのを発見しました

あなたなら通り過ぎた50円玉を人目の多いところで自転車をわざわざ停めて

拾いに行くでしょうか

私は拾えませんでした

でももし100円玉だったら 拾っていたと思います

もしくは自転車ではなく徒歩だったら確実に拾っていたでしょう

50円玉というのは そんな微妙な金額でした



昔 私が運送屋でトラックに乗っていたころ

ある日 上下線で渋滞している環八で右車線を通行中

中央分離帯の辺りでひらひらと舞っている1000円札を発見しました

ちょっと車を止めてさっと降りれば 渋滞中だし余裕で拾えるでしょう

しかし対向車線の渋滞の列からの視線が気になって

結局拾えませんでした

でももし1万円札だったら飛び出して拾っていたことでしょう


私が拾うことができなかったあのお金たちはどこかのだれかが拾ったことでしょう


それにしても落ちてても拾われない1円玉ってかわいそうな気がする
[PR]
# by tadabass | 2009-05-10 23:45 | 日常 | Comments(2)

雨の日には車をみがいて


洗車がすきです

デートの前日には特に念入りにします(しました)

車のデートといえばBGMのカセットテープを夜なべして編集したりしたっけ

車内のプライベート感 そして好きな子がとなりで自分の運転に身を委ねている幸福感



雨の日に洗車をしていて思い出しました

『雨の日には車をみがいて』  五木寛之/著
ちょっと古いですけど
 
主人公の男性と 彼に関わる車と女性たちの出会いと別れを描いた短編集
ジャグヮーや2CVといった個性的な車とともに魅力的な女性が登場
そのキャラクターが本当に活き活きと描写されている

はじめて読んだのは私が22,3歳の頃だったと思いますが
そのときから大好きな小説で友人たちに薦めまくっていました

今回何年かぶりに読み返してみましたが
ほとんど内容を鮮明に覚えていることに驚きました
そしてやっぱりおもしろかった
車と人にまつわる物語はモノと人との付き合い方とも言い換えられ
「何をどのように大切にするか」というように
人生観や価値観が表出しやすいテーマなんでしょうね

車ってみがけばみがくほど愛着がわきます(楽器も同じですが)


雨の日に洗車をするのがすきになったのは
この本と出会ったからです
[PR]
# by tadabass | 2009-05-09 03:51 | 日常 | Comments(2)

Weekend Live


今度の土曜日9日は スーパーレーサートリオのライブです

場所は六本木バニラムード
六本木駅から徒歩5分 六本木ヒルズから程近いお店は大きな窓が開放的です
おしゃれなムード満点ですが決して気取った感じではなく とってもくつろげるスペースなのです

ぜひ ゆったりとギタートリオの演奏をお楽しみください

5月9日(土)
20:00スタート  2ステージ  チャージ¥2000  

Super Racer Trio
村松トマ(guitar&vocal)
森永哲則(drums)
多田和弘(bass)
[PR]
# by tadabass | 2009-05-03 21:15 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)

一歩ずつ


b0167999_3295143.jpg


この間の夜 リハがあって 少し冷えたのでダウンベストをチェックシャツの上に羽織って
出かけました
ジーンズは501  バックトゥーザフューチャーPart1のマイケルJフォックスのイメージで
きめてみました
この日はエレキベースで そのケースを肩にかけて鏡を見ると何となく違和感が・・・

練習場へ着くとメンバーが開口一番 「多田さん 釣りにでも行くようですね」   ズコッ↓

そうかエレベのケースって釣竿のケースっぽくもあるな  このかっこだと特に・・・
鏡を見たときの違和感はそれだったか


アメリカン・カジュアル 略して アメカジ

カジュアルすぎて失敗か?
結構かっこいいつもりだったのに

そこら辺のセンスは失敗をかさねて学んでいくんでしょうね
[PR]
# by tadabass | 2009-05-02 04:23 | アメカジ | Comments(3)

カラーに口紅


4月30日(木)赤坂Live Cafe Salaにて
堂園芳子(vocal)と共演します

堂園さんは関西出身で上京して一年半です
ジャズボーカルを惜しくも昨年亡くなられた越智順子氏に師事
 
また関西時代には梅田ケントスにてオールディーズのハコバンで
ボーカルを数年務めた経歴もあります

彼女のレパートリーにはジャズフィーリングあふれるナンバーだけでなく
オールドアメリカンポップスもあって楽しいです
コニー・フランシスとか好きな方には堪らないと思われます

なにより生命力のあるまっすぐな歌声は聴く人の心を元気づけることでしょう

それから彼女の酒を愛し 関西まるだしのキャラは絶妙で
その親しみやすい人柄の表れたトークも楽しいので
ぜひ見に来ていただけたらと思います


4月30日(木)
赤坂Live Cafe Sala
19:30スタート  チャージ¥2000

堂園芳子(vocal)
那須野貴子(piano)
多田和弘(bass)
[PR]
# by tadabass | 2009-04-30 04:20 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)

アメカジへの道


仲のいいピアノ&ボーカルの矢舟テツロー

彼はまたコアなアメカジファッションのファンでもある
矢舟くんのブログage of vintageにおいてはアメカジの情報や
最近の動向が綴られており その博識ぶりに驚かされる
そしてmade in USAに対する愛情あふれる文章は
多くのアメカジファンのみならず あらゆる世代のおしゃれピープルの
ハートをつかみ 一日に数百件のアクセスがあるという

そんな矢舟くんのブログに私のこのブログが紹介されました
その中で私を 「アメカジベーシスト」と呼んでくれました

矢舟くんのブログからのぞいて下さった方
ぜんぜんアメカジの話題がなくてすみません



実は矢舟くんと会うまでは私は全くアメカジには興味ありませんでした
しかし矢舟くんと出会い 彼のブログを見続けているうち 
あるときmade in USAの文字を発見することに喜びを覚える自分に気がつきました

それからは矢舟くんと共演するときはなるべく家からmade in USAの
古着等をひっぱりだして着用するようになりました

もちろん矢舟くん自身はライブの時のみならず 普段会う時も
こだわりのアメカジファッションできめています 
そのへんの手抜きのないところにも敬意を表したいです(Y舟風)


そんなある日 彼がかっこいいニットの紺ブレを着てきました
訊くと原宿のセレクトショップ『キャシディー』にて購入したとのこと
原宿キャシディーは矢舟くんのブログにも頻出し 矢舟くんが崇拝する
八木沢氏が店長を務める老舗である

それ以来キャシディーが気になってしょうがなくなり
ついに昨年 初表敬訪問いたしました

個性的な八木沢氏にお会いして感動し 見立てていただいたリボンベルトを購入
アメカジベーシストとしての道を一歩踏み出したのであった

それ以降キャシディーにてバッグや念願のオリジナルニットジャッケット等を購入
これらを着用していると どこへ行っても 「おしゃれですね」と言われるようになりました

まさに 「原宿キャシディー」にはずれなし!」 です


というわけでアメカジ伝道師である矢舟くんに多大な影響を受け
すっかりアメカジを楽しめるようになりました
 
最近のお気に入りは古着屋で買ったWranglerのきれいなチェックのシャツ
(もちろんmade in USA)です

アメカジはリーズナブルに楽しめるというところもいいですね
[PR]
# by tadabass | 2009-04-28 18:55 | アメカジ | Comments(5)

自由の筈


久住昌之氏のライブを西荻窪BIN SPARKに見に行きました

私も何度か演奏のお手伝いをさせて頂いている久住さんのことを
少し紹介します

久住さんは漫画家でありミュージシャンであり その表現活動は多岐にわたり
テレビやラジオ 雑誌等でもユニークなキャラクターを生かして活躍されています
漫画では 『孤独のグルメ』(原作) または雑誌ジャズライフの『ジャズ爺』の連載を
目にされた方もいらっしゃるかと思います

久住さんの音楽は基本 自ら作詞作曲したオリジナル曲をご自分で歌うというスタイルです
曲調はロック フォーク ブルースからウクレレを使ったへんてこりんな曲まであります
とくに歌詞が良くて 最初笑わせておいて最後にホロっとさせる系の曲
「神様私にピアノを下さい」 「GAIJIN」 など気づかぬうちに涙がこぼれてしまいます

そんな久住さんの西荻でのライブはオルガントリオにサックスとパーカッション
を従えてロック色の濃いアレンジ  衣装はスーツでダンディに決めてました

初めて久住さんをお客さんとして観たのですが かっこよかった
真剣に音楽している表情とチャーミングな笑顔のギャップがたまらないです
今年で50歳になられたのですが とてもそうは見えません

久住さんのお客さんは若くてきれいな女性が多いのですが
こんなに才能のある人が本気でパフォーマンスしていれば
モテるのも無理ないと思いました


久住さんとは5月 6月と共演の予定があるので詳細追ってお知らせします
結構アナーキーなレパートリーもあって 放送できないようなのが
カッコイイのでぜひみなさんに聴いて頂きたいです


それから久住さんのブログ 最高に面白いのでチェックしてみてください
[PR]
# by tadabass | 2009-04-27 02:24 | 音楽 | Comments(0)

Je m'appelle Kazuhiro


トマくんのことを少し紹介します
彼はお父さんが日本人 お母さんがフランス人のハーフです
日本語とフランス語と英語が話せます
ジャズをこよなく愛しています
トマくんと話をしたことがある人は誰もが感じると思うのですが
とても純粋です
そしてトマくんは相当ハンサムでモデルの仕事もしています

そんなトマくんの友達もイケメンが多く 中でもフランス人の
モデル仲間たちは大袈裟でなく映画俳優並みです
スーパーレーサートリオのライブにもよく来てくれて
ライブ会場でトマくんと彼らが語らっている姿は美しすぎます

初めて会った頃はこれが同じ人間なのかと驚きましたが
だんだんイケメン慣れしたように思います
先日の外苑前ジマジンにも来てくれました
みなさん気さくな方たちです

フランス語を勉強してもっとみんなとコミュニケーションを
とりたいですね

別れ際 彼らが交わしてた「ボンニュイ」って言葉
「おやすみ」という意味だとトマくんが教えてくれました
[PR]
# by tadabass | 2009-04-25 04:47 | Super Racer Trio | Comments(0)

JOSHUA REDMAN


ジョシュア・レッドマン(sax)のブルーノート東京公演を見に行きました
今回はリューベン・ロジャース(b) グレゴリー・ハッチンソン(ds)とのトリオです
和音の無い編成でどんなプレイをこの若いトッププレイヤーたちがするのか
すごく楽しみでした

まずステージに上がった彼らのかっこいいこと 
ステージ向かって左からジョシュア リューベン グレゴリー
3人が広いステージの中央よりに互いに会話できる距離で立つ
ラフなシャツも気取ってなくていい

演奏も期待をまったく裏切らなかった 
さまざまなリズムや拍子 ファンクやスタンダードを題材に
自由に遊び心満点に今の音を追求している
やはり和音がないので自由度が高いのですが3人の息はぴったりでした

そしてもちろんジャズの伝統を踏まえた上での
音楽的な安定感が確固としてあるので音楽に気品がありました

また演奏中にジョシュアが頻繁にメンバーに声を掛けたり
グレゴリーもエンディングに向けて何か言ってたり
終始笑顔でコミュニケーションをして
3人が本当に仲良さそうなのが印象的でした
[PR]
# by tadabass | 2009-04-22 12:10 | 音楽 | Comments(0)

イースター祭


本厚木のマッカーサーギャレッジで矢舟テツロー(piano&vocal)
とデュオの演奏でした

マッカーサーの店内に入るとお店のスタッフがウサギの着ぐるみで
出迎えてくれました
「なにゆえにそのコスプレなのですか?」とたずねると
「イースター祭のイベントなんです」とのこと


このお店はオールドアメリカをイメージした内装で
とくにハロウィンやクリスマス等のイベント期間はディスプレイも
雰囲気満点なものになりテーマパークのようです
またその時期はお店のスタッフが全員コスプレをしています
しかもお客さんにもコスプレグッズを貸し出しているので
一緒になって楽しめます

私も早速かわいいウサギのかぶりものを発見
かぶってみたのですが耳が覆われてしまい
演奏に支障があるので断念しました

ちょんまげのかつらがあって試してみたら
お メガネとも合って結構いいかも
スタッフさんにもウッドベースにすごく似合っていると言われ
矢舟くんには苦笑いされましたが
ちょんまげで演奏しました


演奏聴いてくださったみなさん ありがとうございました




さて4月22日(水)はスーパーレーサートリオ
外苑前ジマジンにてライブです
スタンダードジャズを中心に躍動感のあるギタートリオサウンドを
お届けします

トマくんのスイートかつ爽やかな歌声もお楽しみに

20時スタート 2ステージ チャージ¥2000(1ドリンク込み)

Super Racer Trio
村松トマ(guitar&vocal)
多田和弘( bass)
森永哲則(drums)
[PR]
# by tadabass | 2009-04-21 14:35 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)

池ノ上ボブテイル


あらためルイナでのライブでした
ここは客席の居心地もよく またステージとの距離も
遠すぎず近すぎずでほど良い一体感の生まれる
ライブスペースです

今回は矢舟テツロートリオのほかに
「柳田健一」さん「コトリ木」さんが出演されていました
お二方ともオリジナルポップスや童謡唱歌のカバーなどを
披露していました
柳田さんはハスキーボイス 
コトリ木の女性ボーカル藤木さんはやわらかな美声
といった対比もよかったのですが
お二方の声の魅力が素晴らしく 気持ちよく聴き入ってしまいました
ルイナに定期的に出演されているようなので
ぜひチェックしてみてください

矢舟トリオの出番は3番手でした
コトリ木さんの固定ファンの方々やお店の常連の方々
が最後まであたたかい声援を送ってくださいました
アンコールまでいただきありがとうございました


矢舟くんとは二日連続の共演です
4月20日(月)本厚木マッカーサーギャレッジ
雰囲気のあるレストランバーです
お近くの方いらっしゃいましたらぜひ!
[PR]
# by tadabass | 2009-04-20 10:46 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)

矢舟テツロートリオ


矢舟テツロー(piano&vocal)
と村松トマ(guitar)と私(woodbass)のトリオで
矢舟くんのスインギーなオリジナル曲を中心に
ジャズのスタンダードを交えてお送りします
甘いマスクの矢舟くんですが歌は結構骨太です 
旧池ノ上ボブテイルあらためルイナは大人のためのライブバー 
ミュージシャンとの距離も近いので ライブの熱気をダイレクトに楽しんでください


4月19日(日)
LIVE BAR ルイナ

19:45〜
チャージ:¥2000
[PR]
# by tadabass | 2009-04-18 22:34 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)

Super Racer Trio


バイク乗りが集うカフェの名店「Super Racer」


港区芝浦ふ頭の倉庫街にぽつんと浮かぶ小島のようなカフェ

レインボーブリッジの麓からは対岸のお台場のあでやかな照明が揺れているのが見える

巨大な直角三角形をしたビル(元カネボウ)を目指していくとたどり着く


~カフェで気軽にジャズライブを~ 

というコンセプトのもと2008年4月にギタートリオを結成しました

以来月1回のペースでSuper Racerでライブを行い現在に至っています

メンバーは村松トマ(ギター&ボーカル)と渡辺雄一(ドラム)と私の3人で始めました

ちなみに「Super Racer Trio」の名付け親は渡辺雄一です

2009年より事情によりドラマーが森永哲則に交代しました



Super Racerでのライブではまずお店の音の響きを楽しんで頂きたいです

店内の構造上やわらかいエコーが生まれて心地いいです

この感じはなかなか他では味わえないと思います

ですから「普段あまり音楽を聴かないなあ」とか「ジャズとかよくわからん」

といった方にこそぜひ何の先入観もなく音のシャワーを浴びに来て欲しいのです

きっとバイクのエンジン音の心地よさに通じるものがあると思いますよ
[PR]
# by tadabass | 2009-04-16 12:10 | Super Racer Trio | Comments(0)

4月のスケジュール


4月16日(木)
Motorist Cafe Super Racer

20:00〜/21:00〜/22:00〜/
チャージ:なし
[PR]
# by tadabass | 2009-03-20 16:32 | LIVE SCHEDULE | Comments(0)